製薬業界の最新ニュースと解説

【FirstWord Plus】ロシュ社のアレセンサ、欧米の医師サーベイでALK陽性の非小細胞肺がんのファーストライン治療薬として期待がさらに高まる

Nsclc22

ロシュ社のALK阻害肺がん治療薬アレセンサのファーストラインでの利用に関して7割の医師が肯定的な回答

FirstWordでは、ロシュ社のアレセンサの最近の臨床試験の好結果を受けて、欧米の医師へ本薬剤への評価と期待に関して調査を実施しました。
この度の調査では36名の医師から回答を得ております。
調査においては、ALK阻害肺がん治療薬アレセンサが、ALK陽性の非小細胞肺がん患者へのファーストライン治療薬としての可能性を医師に回答を求めております。

FirstWord社の調査実施の案内と質問内容(英語)はこちらから無料でご覧いただけます。

Physician Views: FirstWord is polling oncologists about the potential use of Roche’s Alecensa as a first-line therapy for ALK-positive NSCLC

【関連リンク(一部会員限定)】

ASCOでの発表後の記事:Phase III study of Roche’s Alecensa (alectinib) showed superior efficacy versus crizotinib in Japanese people with a specific type of lung cancer
J-ALEX試験に関してKOLへのインタビュー記事:Roche’s J-ALEX data will prompt reassessment of how ALK-positive lung cancer is treated, says leading oncologist

質問を日本語化しております。

  • 診療医師ですか、アカデミックでの研究されている方ですか?
  • ロシュ社alecensaについて、ALK陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)治療薬としてどのように評価しますか?
  • ALK陽性のNSCLC患者に対するファーストライン治療薬としてalecensaをすでに使用していますか、あるいは承認後の使用を予定していますか?
  • 第3相J-ALEX試験(alecensaとcrizotinibのファーストライン治療における比較試験)の結果をどのように評価しますか?
  • ご自身の経験から、またロシュ社より公表されたデータから判断して、今後alecensaがALK陽性のNSCLC患者に対するファーストライン治療薬として定着すると思いますか?

このサーベイの結果は、FirstWord PLusの有料会員向けに配信されます。

調査結果はFirstWord Plus(英語)で公開中。

この調査結果記事をご覧になるにはFirstWord Plusサービスの購入が必要です。

firstwordplusFirstWord Plusをすでにご購入の方は以下のリンクからサーベイ結果の記事(英語)をご覧いただけます。