製薬業界の最新ニュースと解説

PfizerのJAK1阻害剤のアトピー性皮膚炎Ph3試験の痒み緩和がDupixentを上回った

【BioToday 2020年3月20日】 ステロイド・カルシニューリン阻害剤・PDE4阻害剤等の外用剤治療を受けているアトピー性皮膚炎成人をPfizerの経口JAK1阻害剤Abrocitinib(アブロシチニブ)で治療した第3相試験(JADE COMPARE)で高用量投与の痒み緩和がSanofi/RegeneronのIL-4/13経路阻害剤Dupixent (dupilumab) 皮下注射を有意に上回りました。

[本記事全文:4段落, 317文字]

BioToday全文購読は有料会員登録が必要です