【COSMO社】レピュテーション&リスクマネジメントサービスの概要資料ダウンロード開始しました

COSMOは、ヘルスケア業界PRのパイオニアとして、企業・団体のコミュニケーション活動を支援。コミュニケーションの戦略的な立案から実施まで一貫したサービスを提供するコミュニケーションコンサルタントです。

COSMO社は、ヘルスケア業界に特化した、レピュテーション&リスクマネジメントサービスを強化したことを記念し、「プロアクティブなレピュテーション・リスクマネジメント」と題し、2019年11月15日にセミナーを開催、同セミナーでは、デロイトトーマツのリスクアドバイザリー事業本部インダストリー事業部長の北地達明氏からも、製薬企業におけるリスクマネジメント動向について示唆に富む発表があるなどご好評いただきました。今回COSMO社のサービスである「プロアクティブなレピュテーション・リスクマネジメント」の概要資料のダウンロードを開始しましたのでお知らせいたします。

ダウンロードの請求はこちらから>>

複雑化する製薬・医療機器企業などのレピュテーション・リスクマネジメントの必要性は、近年ますます高まってきており、企業は細心の注意を払ってリスク対策・予防をしていても、時に意図しない“インシデント”に巻き込まれることがあります。

COSMOの提唱する「プロアクティブなレピュテーション・リスクマネジメント」では、表層的・方法論にとらわれがちなコミュニケーションではなく、戦略的アクションと位置づけ、以下の2つの軸でサービスを展開しています。

一つ目は、”Risk Intelligence”の向上です。デジタル時代にあわせ、平常時からリスクを含むレピュテーションを定量化すること。具体的に見える化を行うことで、どこのギャップを、どのように埋めていくべきなのか、明確な議論とアクションのマスタープランを構築することが可能となり、マネジメントを行うことができるようになります。

二つ目は、”Risk Management”プロセス自体の向上です。レピュテーション・リスクを特定し、耐性を強化することで、攻めのレピュテーションマネジメントが可能になると考えています。特に社内の認識統一、明確なガバナンスの有無、トレーニングによる対応チームケーパビリティ―向上・チェックなどは、プロセス自体が作動するのかを確認するために、客観的にシステムを確認する必要があります。COSMOは独自のサービスモデルを作り、各社の事例に合わせてソリューションを提供しています。

COSMO社が提供するレピュテーション&リスクマネジメントサービス概要はこちらからダウンロードいただけます。

COSMOでは、引き続き、ヘルスケアに特化したコミュニケーションソリューションの提供に注力して参ります。各サービスに関するお問い合わせにつきましては、以下(info_cosmo@cosmopr.co.jp)までお寄せください。

この記事は、AnswersNewsが発行した以下のオリジナル記事を承諾を得て掲載しております。

関連記事

  1. 早期の非小細胞肺がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の開発|DRG海外レポート

  2. 糖尿病性腎症、新薬開発が最終段階に…7品目がP3試験「腎機能改善薬」に期待┃AnswersNews

  3. TNFアルファ阻害薬の市場規模、2023年に428億6000万米ドルへ到達予想 関節リウマチ、炎症性腸疾患など、炎症性疾患の症状を緩和

  4. 「デエビゴ」「リンヴォック」など新薬9成分14品目 4月22日に薬価収載|トピックス

  5. 製薬業界 広がるスタートアップ支援―デジタル技術活用「薬」だけにとどまらず

  6. 患者中心の医療に向けた組織風土変革の加速|COSMO社チェンジメーカーインタビュー

メルマガ無料配信中




  1. イギリス、他4カ国が新型コロナウイルスの変異種に対するワクチンの…

    2021.03.05

  2. 進行腎癌のOpdivo+Cabometyx初治療がSutentに勝ったPh3試験論文報告

    2021.03.05

  3. terlipressinで肝硬変患者の腎機能は改善したが酷い害が多かったPh3…

    2021.03.05

  4. AmgenがFive Prime社を19億ドルで買う~Ph3に進む胃がん治療薬を取得

    2021.03.05

  5. Galapagos社のJAK阻害剤の米国FDA懸念を解くための試験が途中解析を…

    2021.03.05

  6. 2型糖尿病Ph3でLillyのGIP/GLP1受容体活性化剤がNovoのGLP1薬Ozempi…

    2021.03.05

  7. 2021年3月24日(水)開催 無料オンラインセミナー:KOL選定を定量…

    2021.03.04

  8. KOL(Key Opinion Leader)はどう選ぶ?KOLの判断基準&要素の出し方…

    2021.03.04

  9. 新型コロナウイルススパイク蛋白質受容体結合領域は血液型A抗原によ…

    2021.03.04

  10. Iktos社の人工知能技術がPfizerの低分子薬設計を手伝う

    2021.03.04

  1. 2021年3月24日(水)開催 無料オンラインセミナー:KOL選定を定量…

    2021.03.04

  2. KOL(Key Opinion Leader)はどう選ぶ?KOLの判断基準&要素の出し方…

    2021.03.04

  3. 開発初期段階における開発品の価値を最大化し、正しい戦略的意思決…

    2021.03.02

  4. 予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポートフォリオ:コロナ禍…

    2021.03.02

  5. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24