GSK次期CEOにエマ・ウォルムズリー氏を抜擢。アンドリュー・ウィティ氏の後任に

GSK社の次期CEOにエマ・ウォルムズリー氏が抜擢されることが決まった。ウォルムズリー氏は仏ロレアルから2010年にGSKへ、 11年からは 消費者向け部門を担当しています。

現CEOのアンドリュー・ウィティ氏は来年3月での引退を既に発表しており後任には、同氏を含めてAbbas Hussain氏、Simon Dingemans氏、Roger Connor氏などもあがっていた中での抜擢です。

GSK会長のPhilip Hampton氏は、以下のようにコメントを発表しています。

「エマは素晴らしいリーダーで、我が社の主要なグローバルビジネスの構築と成長のための高く価値のある経験を有している。ヘルスケアビジネスにおいてはすでに高いパフォーマンスを発揮しており、彼女のビジネスを成長させる実績を表している。」

出典記事オリジナルリンク

GlaxoSmithKline names Emma Walmsley as next CEO

追跡記事でました(FirstWord Plus会員限定)

「ウォムズリー氏はGSKで歴史を作る?ウイッティ氏の影を払拭できるか。」Walmsley makes history at GlaxoSmithKline; can she step out of Witty’s shadow?

海外製薬ニュースのちょうどよい情報ソースがほしい方に

無料メルマガ「一分でわかる世界の製薬ニュース」を毎日お届けします。logo

✔️ 世界で、今日はなにが話題になっているのか?
✔️ 時間のかかっていた海外ニュースを効果的に
✔️ Youtubeを使って製薬時事英語も学習できる
✔️ 日本語で読めるこの安心感
✔️ 情報ソースがありすぎて困っている方に

このようなニーズに「一分でわかる世界の製薬ニュース」をどうぞ!

関連記事

  1. MerckのKeytrudaとエーザイのLenvimaによる肝癌初治療を米国FDAが承認せず

  2. 濾胞ヘルパーT細胞を一人前にするレプチンの欠乏とワクチン効果減弱が関連

  3. Allena社の経口の高尿酸血症薬のPh1試験で全身を巡らないことが確認された

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. 重度横隔膜ヘルニア胎児の気道閉塞治療が無作為化試験で有効~中等…

    2021.06.14

  2. Vor社の造血幹細胞技術で誂えた血液癌治療CAR-TをAbound Bioが共同…

    2021.06.14

  3. メトホルミンはマウスのSARS-CoV-2感染に伴う肺炎症を抑制する

    2021.06.14

  4. ビタミンD欠乏だとオピオイド依存になりやすく、紫外線がより恋しく…

    2021.06.14

  5. COVID-19 mRNAワクチン接種後の心筋炎/心膜炎が30歳以下の226人に発…

    2021.06.14

  6. 心房細動/人工心臓弁患者の術後のワーファリン中断中の低分子ヘパリ…

    2021.06.14

  7. ラッサウイルスワクチンの感染予防効果がサルへの接種1年後にも維持…

    2021.06.14

  8. プラセボ対照Ph3でSanofiの補体経路C1s阻害剤sutimlimabが寒冷凝集…

    2021.06.14

  9. IL11は肝臓を守らずむしろ傷める~その阻害はアセトアミノフェン肝…

    2021.06.14

  10. Incyte社のアトピー性皮膚炎治療塗り薬ruxolitinibクリームもFDA審…

    2021.06.14

  1. バーテックス社、α1アンチトリプシン欠損症におけるVX-864の開発を…

    2021.06.11

  2. 抗アミロイドβ抗体ADUHELM承認の余波。門戸が大きく広がるのか?

    2021.06.10

  3. FDA、アルツハイマー治療薬 としてAduhelm(アデュカヌマブ)を迅速…

    2021.06.08

  4. ASCO2021;バーチャル年次総会開幕。注目のプレゼンテーション5つを…

    2021.06.08

  5. ノバルティス社、Beovuの後期第3総臨床試験を中止。患者への安全性…

    2021.06.01