製薬業界の最新ニュースと解説

【KOL Views】KOLへ聞いた。期待と安心感がよりいっそう高まる卵巣がん治療薬PARP阻害剤。

Computer 767776 1920

業界内、投資家の間で期待が高まっているがん治療薬PARP阻害剤の継続的な成長への期待に対し、KOLへのインタビュー内容や業界関係者への取材内容をまとめ、FirstWord Plus会員むけ記事を発表した。

PARP阻害剤に関する最近の報告によると、米Clovis Oncology社の卵巣がん治療薬rucaparibが臨床試験をもとに、FDAより優先審査対象に指定されている。また同クラスのTesaro社のniraparibにおいても最近臨床試験において良い結果が報告されている。2014年には、アストラゼネカ社の、 Lynparzaが、3回以上の化学療法による治療歴のある病的あるいは病的であることが疑われる生殖細胞系BRCA 遺伝子変異陽性(gBRCAm)進行卵巣がんの治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)から承認された。

最近の臨床結果やFDAの動きから、当局とっても業界内の関係者にとっても同クラスに対する期待感が高まっております。FirstWord Plusで実施したインタビュー記事によると。。。。

Firstword Plus 会員むけ記事の一部を翻訳しています。
年間購読で「独自調査、解説記事」をご利用いただけます。