製薬業界の最新ニュースと解説

Seattle Genetics/アステラスのPadcevの年間売上予想をアナリストが引き上げ

【BioToday 2020年2月14日】 Seattle Genetics/アステラス製薬の抗腫瘍成分付き抗体Padcev(Enfortumab vedotin、エンホルツマブ ベドチン)による膀胱癌初治療Ph1b/2試験(EV-103)の火曜日発表の成績は十分有望だった昨秋発表時点より更に上向いているように見え、製薬ニュースFiercePharmaによると、LeerinkのアナリストAndrew Berens氏は同剤の最大年間売り上げ予想を38億ドルから58億ドルに引き上げました。

火曜日の発表でのPadcevとMerck & Coの抗PD-1薬Keytruda(キイトルーダ;pembrolizumab)による...

[本記事全文:3段落, 395文字]

BioToday全文購読は有料会員登録が必要です