製薬業界の最新ニュースと解説

ASCOのTAPUR試験の新データ発表:消化器がんシンポジウム2020

Clinical Exam Eye

海外がん医療情報リファレンスは、有志の翻訳者、監修者の協力のもと、日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT)が運営をしています。
がんに関わるすべての人に、海外の最新がん情報を翻訳してお届けしております。

Targeted Agent and Profiling Utilization Registry(TAPUR)試験コホートにおける、進行大腸がん患者でのさまざまな分子標的薬に関する肯定的な結果は、2020年1月23日から25日にカリフォルニア州サンフランシスコのモスコーン・ウェストビルで開催される消化器がんシンポジウム2020で発表される。

TAPUR試験は、米国臨床腫瘍学会(ASCO)が実施する最初の臨床試験であり、米国食品医薬品局(FDA)に承認された分子標的治療薬の評価(安全性および有効性の双方)を目的としている。これらの分子標的型がん治療薬は、治療に反応する可能性がある遺伝子変異をもつ進行がん患者の治療用に処方されている。

大腸がんにおける個別化療法の有効性についてのTAPUR試験の報告は、ASCO Daily Newsで詳細を確認できる。もしくは、メディアチームを通して下記の研究に関する消化器がん専門医のコメントが可能。

アブストラクト122:
BRAF V600E変異を有する大腸がん(CRC)患者におけるCobimetinib[コビメチニブ]とベムラフェニブ(販売名:ゼルボラフ)の併用(C+V)。TAPUR試験で得られた結果。

アブストラクト132:
ERBB2の増幅または過剰発現がみられる大腸がん(CRC)患者におけるペルツズマブ(販売名:パージェタ)とトラスツズマブ(販売名:ハーセプチン)の併用(P+T)。TAPUR試験で得られた結果。

アブストラクト133:
腫瘍遺伝子変異量が多い(HTMB)大腸がん(CRC)患者におけるペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ)。TAPUR試験で得られた結果。

翻訳: 瀧井希純
監修: 廣田 裕(呼吸器外科、腫瘍学/とみます外科プライマリーケアクリニック)
原文を見る
原文掲載日

出典: ASCOのTAPUR試験の新データ発表:消化器がんシンポジウム2020

発行元:海外がん医療情報リファレンス (一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT・ジャムティ)
発行日: 2020年2月12日

この記事は、日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT)が翻訳、発行した記事を承諾を得て掲載しております。

[免責事項]JAMT社運営のサイト「海外がん医療情報リファレンス」は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

最近の「海外がん医療情報リファレンス」記事

ASCOのTAPUR試験の新データ発表:消化器がんシンポジウム2020
ASCOのTAPUR試験の新データ発表:消化器がんシンポジウム2020

Targeted Agent and Profiling Utilization Registry(TAPUR)試験コホートにおける、進行大腸がん患者でのさまざまな分子標的薬に関する肯定的な結果は、2020年1月23日から25日にカリフォルニア州サンフランシスコのモスコーン・ウェストビルで開催される消化器がんシンポジウム2020で発表される。

CC-486維持療法が急性骨髄性白血病患者の生存期間を延長
CC-486維持療法が急性骨髄性白血病患者の生存期間を延長

血液がん急性骨髄性白血病(AML)の臨床試験薬CC-486が、AML患者の生存期間を延長する効果があることが大規模な臨床試験によって示唆された。この試験薬はアザシチジン(販売名:ビダーザ、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社)と関連がある。

進行胆管がんのFGFR+mTOR標的治療が研究で示唆される
進行胆管がんのFGFR+mTOR標的治療が研究で示唆される

胆管がんというまれで致死的ながんの患者において、有望な分子標的薬に対する耐性がどのように発現するかを示した新たな研究が、オハイオ州立大学総合がんセンターの アーサー・G・ジェームズがん病院およびリチャード・J・ソロベ研究所(OSUCCC – James) により示された。

METエクソン14変異陽性肺がんに対するクリゾチニブ標的治療
METエクソン14変異陽性肺がんに対するクリゾチニブ標的治療

METエクソン14変異は非小細胞肺がん(NSCLC)の分子サブクループの一つの特性であるが、クリゾチニブ(販売名:ザーコリ)によるMET阻害が有効であると、米国ニューヨーク州ニューヨークのスローンケタリング記念がんセンターとワイル・コーネル医科大学のAlexander Drilon医師らが、2020年1月13日にNature Medicine誌で発表されたレターの中で報告した。

転移膵臓がんにBL-8040+ペムブロリズマブ化学療法は有望な病勢制御率
転移膵臓がんにBL-8040+ペムブロリズマブ化学療法は有望な病勢制御率

遠隔転移を伴う膵臓腺がん(PDAC)患者を対象とした第2相試験で、PD-1阻害薬であるペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ)および化学療法による二次治療にCXCR4拮抗薬BL-8040を追加することにより抗腫瘍効果が期待されることが示された。