製薬業界の最新ニュースと解説

Seattle Genetics/アステラスのPadcevによる膀胱癌初治療が奏効率73%達成

【BioToday 2020年2月12日】 Seattle Genetics/アステラス製薬の抗腫瘍成分付き抗体Padcev(Enfortumab vedotin、エンホルツマブ ベドチン)による膀胱癌初治療がPh1b/2試験で有望な成績を残しています。

Ph1b/2試験参加尿路上皮癌患者45人の...

[本記事全文:4段落, 372文字]

BioToday全文購読は有料会員登録が必要です

コメントを残す