製薬業界の最新ニュースと解説

Marker社の白血病T細胞治療Ph2のFDA差し止め部分解除~安全性段階開始を許可

【BioToday 2020年2月12日】 造血幹細胞移植(HSCT)後の急性骨髄性白血病(AML)患者へのMarker Therapeutics社の複数抗原標的T細胞治療(MultiTAA T細胞治療)のPh2試験差し止めを米国FDAが一部解消し、無作為化段階前の少数患者(6人)への投与を許可しました。

6人の患者への投与の後には160人が...

[本記事全文:3段落, 351文字]

BioToday全文購読は有料会員登録が必要です

コメントを残す