製薬業界の最新ニュースと解説

Alkahest社がエオタキシン阻害剤のWet AMD初治療の視力転帰を調べるPh2開始

【BioToday 2020年2月11日】 老化に伴って増える蛋白質エオタキシンの働きを阻害する経口CCR3阻害剤AKST4290による血管新生型加齢黄斑変性症(Wet AMD)初治療で視力がどう変化するかを調べる後期第2相試験AKST4290-205 (PHTHALO) をAlkahest社が開始しました。

被験者にはまず...

[本記事全文:4段落, 315文字]

BioToday全文購読は有料会員登録が必要です