製薬業界の最新ニュースと解説

Zogenix社のてんかん薬のレノックスガストー症候群Ph3が高用量のみ目標達成

【BioToday 2020年2月8日】 小児期に発症する重度てんかん・レノックスガストー症候群(LGS)をZogenix社のFINTEPLA(ZX008, fenfluramine経口液剤)で治療したプラセボ対照第3相試験(Study 1601)が高用量(0.7 mg/kg/日)投与に限り主要目標を達成しました。

試験には1か月あたりの転倒発作...

[本記事全文:4段落, 529文字]

BioToday全文購読は有料会員登録が必要です

コメントを残す