製薬業界の最新ニュースと解説

「新型コロナウイルスのワクチンを作る」ジョンソン・エンド・ジョンソンのCSO最高科学責任者Paul Stoffels氏がCNBCに語る

Lab 3498583 1920

ジョンソン・エンド・ジョンソンのCSO最高科学責任者Paul Stoffels氏がCNBCに「新型コロナウイルスのワクチンを作る」と語った。同氏はエボラやジカウイルス流行時にワクチン供給した経験と、今回もワクチンを設計して大量生産できると言及した。同氏は、Moderna社、ギリアド社等と同様に同社も中国武漢かで発生した新型コロナウイルス2019-nCoVに取り組んでおり、できるだけ早く新たなワクチンを作るつもりだとCNBCに語った。Insights4 Pharmaでは、この内容を一部翻訳しておしらせします。

中国の武漢からで新型のコロナウイルスが発生し、週末から医療関係者、政府関係者の努力にも関わらずより広い範囲での感染者と死者が確認されている。これまでのところ、死因は肺炎として報告されており、報告では、これらのほとんどが基礎疾患を抱えている人からのものであることも示唆されている。新しいウイルスの出現の時期は常に私たちにとって恐い時期であり、研究者たちはウイルスの拡散がどれほどの広がり、どれほど致命的な疾患であるのかの評価を急いでいます。
中国政府も、新型コロナウイルスの拡散を武漢に住む人たちの行動を制限するなどして拡散を拡大させない努力をしている。

ジョンソン・エンド・ジョンソンのCSO最高科学責任者Paul Stoffels氏がCNBCに対してできるだけ早く新しいワクチンを作成しようと取り組んでいると伝えている。

同氏は1月24日のCNBCの放送で次のように語った。「ワクチンを作成し、大量に生産できると確信している。私たちは、エボラ熱の際は半年で人間に対してのワクチンを供給、ジカ熱の時も一年で提供できた。」

今回はどれくらい早くできますか?

「シーケンスを持っているので、さらに加速できることを望んでいます。これらの抗原を生成し、ワクチンを作る新しい技術があります。たぶん、2〜3か月間と短い期間で作成したいが、より短期間で作ることが望ましい」

と彼はCNBCのバイオテクノロジーおよび製薬レポーターのMeg Tirrellに説明した。

「ジョンソン・エンド・ジョンソンは、効果的な新型コロナウイルスワクチンを作るためにウイルスのどの部分を使用できるか、少なくとも5つの異なるワクチン構成要素を使用した並列アプローチを活用する」

また、他の製薬企業も検討をしているHIV治療薬がウイルス拡散の封じ込めに役立つかどうかについても中国当局と関係者らと連絡を取っていると述べた。

出典: J&J jumping in on coronavirus vax work as disease continues its spread
発行元:FierceBiotech t
発行日: 2020年1月20日