製薬業界の最新ニュースと解説

【決算】 米ジョンソン・エンド・ジョンソン(19年12月期、1月22日発表)

【AnswersNews 2020年1月23日】医薬品事業は売上高421億9800万ドル(約4兆6400億円、前期比3.6%増)。乾癬・クローン病治療薬「ステラーラ」(63億6100万ドル、23.4%増)や血液がん治療薬「イムブルビカ」(34億1100万ドル、30.4%増)などが好調で、後発医薬品の影響を受けた関節リウマチ治療薬「レミケード」や前立腺がん治療薬「ザイティガ」の落ち込みをカバーした。他事業を含む全社の売上高は820億5900万ドル(0.6%増)、純利益は151億1900万ドル(1.2%減)だった。20年12月期は売上高854~862億ドルと増収を見込む。

出典: 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年1月23日)
発行元:AnswersNews
発行日:2020年1月23日

AnswersNewsは、「製薬業界で話題のニュースがよくわかる」をコンセプトに、製薬業界に関するさまざまなニュースをわかりやすく解説するニュースメディアです。この記事は、AnswersNewsが発行した以下のオリジナル記事を承諾を得て掲載しております。