製薬業界の最新ニュースと解説

IL-7/12発現ウイルスの有望な抗腫瘍効果をアステラス製薬研究者が報告

Lab 3498583 1920

【BioToday 2020年1月18日】がん細胞を殺す腫瘍崩壊性ウイルスは、近年研究がすすむにつれて、ますますがん治療の生物学的および免疫に基づくアプローチとして注目されている。

アステラス製薬の研究者らによるScience Translational Medicine誌への発表成果では、協力してT細胞を活性化することが知られるサイトカイン2つ・IL-7とIL-12を発現するように加工したワクシニアウイルス単独治療の確実な抗腫瘍効果や、免疫チェックポイント阻害剤・抗PD-1薬や抗CTLA4薬との併用の一層の抗腫瘍効果がマウス実験で示されました。

複数の免疫に適格なマウスモデルでこのアプローチを成功裏に実施した。直接治療された腫瘍と同じタイプの遠隔腫瘍でも有望な結果を示し、腫瘍細胞による再攻撃からの保護も示した。この治療は、チェックポイント阻害剤のみに反応しない腫瘍でも、免疫チェックポイント阻害剤と組み合わせても特に効果的であった。



出典; IL-7/12発現ウイルスの有望な抗腫瘍効果をアステラス製薬研究者が報告
発行元;BioToday
発行日;2020年1月18日

全文購読はBioToayの年間契約をご利用ください

世界のバイオ関連情報をオンタイムで

「BioToday」では医学、バイオテクノロジー、製薬メーカー・バイオベンチャーの情報から、学術雑誌に発表された最新の治療情報まで、世界中のライフサイエンス関連のニュースを日本語で提供。

■ 世界のライフサイエンス関連のニュースを提供
■ 学術発表から治験まで幅広く網羅
■ 法人契約はテクノミック社が担当「明日の新薬」とも連携