製薬業界の最新ニュースと解説

抗HIV薬「ドウベイト」「ビフェルトロ」22日に薬価収載

【AnswersNews 2020年1月15日】中央社会保険医療協議会(中医協)総会は1月15日、14日付で承認されたヴィーブヘルスケアの抗HIV薬「ドウベイト」(一般名・ドルテグラビルナトリウム/ラミブジン)とMSDの同「ビフェルトロ」(ドラビリン)の薬価収載を了承した。22日に収載する。

ドウベイトはインテグラーゼ阻害薬とヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬の2剤配合剤で、薬価は1錠4814.70円。非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬のビフェルトロは100mg1錠2147.80円となった。ピーク時の売上高予測は、ドウベイトが23億円、ビフェルトロが8.7億円。いずれも新薬創出・適応外薬解消等促進加算の対象となる。

出典: 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年1月15日)
発行元:AnswersNews
発行日:2020年1月15日

AnswersNewsは、「製薬業界で話題のニュースがよくわかる」をコンセプトに、製薬業界に関するさまざまなニュースをわかりやすく解説するニュースメディアです。この記事は、AnswersNewsが発行した以下のオリジナル記事を承諾を得て掲載しております。