製薬業界の最新ニュースと解説

KRAS阻害剤AMG510が使える患者を選ぶ検査をAmgenが2社と協力して開発する

【BioToday 2020年1月14日】まともな臨床試験段階に初めて至ったKRASG12C阻害剤AMG 510が使える患者を選ぶための血液検査と組織検査をAmgen(アムジェン)がそれぞれGuardant HealthとQIAGENと協力して開発します。

まずは非小細胞肺癌(NSCLC)患者のKRAS G12C変異を検出する検査が。。。(続く)

出典; KRAS阻害剤AMG510が使える患者を選ぶ検査をAmgenが2社と協力して開発する
発行元;BioToday
発行日;2020年1月14日

全文購読はBioToayの年間契約をご利用ください

世界のバイオ関連情報をオンタイムで

「BioToday」では医学、バイオテクノロジー、製薬メーカー・バイオベンチャーの情報から、学術雑誌に発表された最新の治療情報まで、世界中のライフサイエンス関連のニュースを日本語で提供。

■ 世界のライフサイエンス関連のニュースを提供
■ 学術発表から治験まで幅広く網羅
■ 法人契約はテクノミック社が担当「明日の新薬」とも連携