製薬業界の最新ニュースと解説

Blueprint社の消化管間質腫瘍治療薬Ayvakit(KIT/PDGFRα阻害剤)をFDAが承認

【BioToday 2020年1月10日】血小板由来増殖因子受容体α(PDGFRα)エクソン18変異を有する消化管間質腫瘍(GIST)成人の治療薬Ayvakit(avapritinib;KIT/PDGFRα阻害剤)を米国FDAが承認し、Blueprint Medicines社は1週間以内に米国で同剤を販売開始します。

PDGFRαエクソン18変異GIST患者の84%にAyvakitが奏効した第1相試験NAVIGATOR結果に基づいて,,,,(続く)

出典; Blueprint社の消化管間質腫瘍治療薬Ayvakit(KIT/PDGFRα阻害剤)をFDAが承認
発行元;BioToday
発行日;2020年1月10日

全文購読はBioToayの年間契約をご利用ください

世界のバイオ関連情報をオンタイムで

「BioToday」では医学、バイオテクノロジー、製薬メーカー・バイオベンチャーの情報から、学術雑誌に発表された最新の治療情報まで、世界中のライフサイエンス関連のニュースを日本語で提供。

■ 世界のライフサイエンス関連のニュースを提供
■ 学術発表から治験まで幅広く網羅
■ 法人契約はテクノミック社が担当「明日の新薬」とも連携