製薬業界の最新ニュースと解説

ADC社の殺細胞剤付きCD19結合抗体が難治性リンパ腫患者の約半数に奏効

【BioToday 2020年1月10日】治療失敗を2回以上経験している難治性の再発/治療抵抗性(r/r)びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)対象第2相試験被験者の半数近い45.5%(66/145人)にADC Therapeutics社の細胞破壊剤付きCD19結合抗体ADCT-402(loncastuximab tesirine)が奏効し、同社は今年3Qに同剤を米国FDAに承認申請します。

完全寛解率は20%...

出典; ADC社の殺細胞剤付きCD19結合抗体が難治性リンパ腫患者の約半数に奏効
発行元;BioToday
発行日;2020年1月10日

全文購読はBioToayの年間契約をご利用ください

世界のバイオ関連情報をオンタイムで

「BioToday」では医学、バイオテクノロジー、製薬メーカー・バイオベンチャーの情報から、学術雑誌に発表された最新の治療情報まで、世界中のライフサイエンス関連のニュースを日本語で提供。

■ 世界のライフサイエンス関連のニュースを提供
■ 学術発表から治験まで幅広く網羅
■ 法人契約はテクノミック社が担当「明日の新薬」とも連携