製薬業界の最新ニュースと解説

CD137活性化抗体や抗CTLA-4抗体を開発する中国のAdagene社が6900万ドル調達

【BioToday 2020年1月10日】CD137活性化抗体ADG106や抗CTLA-4抗体ADG116による抗癌免疫治療の開発を進める中国のAdagene社が6900万ドルを調達しました。

ADG106は固形癌や液性癌を対象にした第1相試験段階にあり、安全性や効果が前臨床試験で把握されているADG116は米国FDAに治験実施が許可されています。

出典; CD137活性化抗体や抗CTLA-4抗体を開発する中国のAdagene社が6900万ドル調達
発行元;BioToday
発行日;2020年1月10日

全文購読はBioToayの年間契約をご利用ください

世界のバイオ関連情報をオンタイムで

「BioToday」では医学、バイオテクノロジー、製薬メーカー・バイオベンチャーの情報から、学術雑誌に発表された最新の治療情報まで、世界中のライフサイエンス関連のニュースを日本語で提供。

■ 世界のライフサイエンス関連のニュースを提供
■ 学術発表から治験まで幅広く網羅
■ 法人契約はテクノミック社が担当「明日の新薬」とも連携