製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年9月5日

Insights4 Pharmaが提携をしているFirstWord社が提供するNews Round-Up Videoを翻訳しております。
Youtubeでは、毎日のニュースをFirstWord社のアナリストが直接配信、毎日の製薬トップニュースの把握と製薬業界の時事英語の学習にご活用下さい。

アストラゼネカ 重症喘息治療薬の第3相試験の成功を発表

アストラゼネカ社は好酸球性炎症を有する重症喘息患者2,511人を対象としたbenralizumabの第3相試験(SIROCCO試験およびCALIMA試験)において、喘息の増悪率の有意な低減と肺機能の改善が認められたことを発表しました。
重症喘息治療のためのバイオ医薬品市場は、2020年代初期には年間65億ドルから100億ドル規模になると見られており、アストラゼネカ社は同薬剤に大きな期待を寄せています。

FDA Dynavax社のB型肝炎ワクチン審議のための諮問委員会開催を取りやめ

FDAはDynavax Technologies社のB型肝炎ワクチンHeplisav-Bを審議するための諮問委員会の開催を取りやめると発表しました。
FDAはこの理由として、優先すべき他の懸案事項があるためとしています。

マイラン社 CEO辞任の噂を否定

マイラン社は「エピペン」の価格高騰の責任を取りヘザー・ブレッシュCEOが辞任したという噂を否定しました。
マイラン社は価格が数年で数倍にも高騰した「エピペン」について、現在様々な策を講じているとし、その一環としてジェネリック版の発売も表明しています。