製薬業界の最新ニュースと解説

強毒クロストリジウムディフィシル感染の元凶・二元毒素の重要領域が判明

【BioToday 2020年1月7日】薬が効かない深刻なクロストリジウムディフィシル感染と関連する二元毒素(binary toxin)の細胞結合部分CDTbの構造が明らかとなり、その安定性や毒性を支える領域2つが同定されました。

[全文を読むには有料会員登録が必要です]

全文の購読にはBioTodayの年間購読ライセンスが必要です。法人での購読契約の有無や購読の希望の方は以下からお問い合わせください。

コメントを残す