製薬業界の最新ニュースと解説

駆出率低下心不全へのAstraZenecaのFARXIGA投与の承認申請をFDAが優先審査

【BioToday 2020年1月6日】駆出率低下心不全(HFrEF)成人の心血管死や心不全悪化予防を目的としたAstraZeneca(アストラゼネカ)のSGLT2阻害剤FARXIGA(dapagliflozin、ダパグリフロジン)使用の承認申請が米国FDAに受理され、医薬品優先審査(priority review)対象となりました。

[全文を読むには有料会員登録が必要です]

全文の購読にはBioTodayの年間購読ライセンスが必要です。法人での購読契約の有無や購読の希望の方は以下からお問い合わせください。

コメントを残す