製薬業界の最新ニュースと解説

CAR‐T細胞療法 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

タイトル CAR‐T細胞療法 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国
Global CAR-T Cell Therapy Market - Market Size, Forecasts, Trials & Trends
発行会社 Decision Resources Group
発行日 2019年2月22日
ページ情報 英文 58 スライドとエクセルデータベース
商品コード
販売代理店 グローバルインフォメーション株式会社
価格 ❏ Global User License : お問い合わせください

CAR‐T細胞療法 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

ノバルティスのキムリアが小児または青年の再発・難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)、Kite Pharma(ギリアドが買収)のYescartaが再発・難治性大細胞型B細胞リンパ腫の治療薬として迅速承認を受け、がん免疫療法は新たな時代を迎えました。本レポートでは、既存及び開発段階のキメラ抗原受容体(CAR)‐T細胞療法をあらゆるがん種において考察し、包括的な市場予測を行います。既存及び新たなCAR‐T細胞療法を巡る状況に関するオピニオンリーダー(KOL)の見解や洞察も収載しています。

レポート資料請求はこちら





概要 ノバルティスのキムリアが小児または青年の再発・難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)、Kite Pharma(ギリアドが買収)のYescartaが再発・難治性大細胞型B細胞リンパ腫の治療薬として迅速承認を受け、がん免疫療法は新たな時代を迎えました。

本レポートでは、既存及び開発段階のキメラ抗原受容体(CAR)‐T細胞療法をあらゆるがん種において考察し、包括的な市場予測を行います。既存及び新たなCAR‐T細胞療法を巡る状況に関するオピニオンリーダー(KOL)の見解や洞察も収載しています。

目次・ポイント 調査におけるキーポイント

▪️ ブランド別、適応症別、地域別にみたCAR‐T細胞療法の商業的可能性は?2017‐2027年の予測期間中、CAR‐T細胞療法市場ではどのような変化が予想されるか?
▪️ 承認済みのCAR‐T細胞療法は、現在どの治験で評価されているか?キムリアとYescartaはどの疾患と治療状況で適応追加を達成すると思われるか?
▪️ 現在開発段階にあるCAR‐T細胞療法のうち、承認が予想されるのはどの薬剤か?その商業的可能性は?
▪️ 各ブランドの「強み」と「弱み」とは?各療法に対するKOLの見解は?
▪️ CD19を標的とする自家CAR‐T細胞療法の採用を制限しうる課題とは?オンコロジー領域で、CAR‐T細胞療法に対し、どのような競合上の脅威や圧力が予想されるか?
▪️ 腫瘍科医はCAR‐T細胞療法を巡る今後の状況についてどう考えているか?

日本における正規販売代理店
グローバルインフォメーション株式会社
市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
www.gii.co.jp

CAR-T細胞療法のニュース・レポート一覧

CAR-T細胞療法による固形がんの治療は、大きな挑戦であり、かつ遠い目標であるが最新の複数作用を組み合わせた次世代型のCAR-T細胞療法にも期待がかかる。
血液がんのみならず固形がんにも効果が期待されるCAR-T細胞療法のニュース、レポートを一覧にまとめました。