製薬業界の最新ニュースと解説

Merckが取得権利を有する糖尿病性黄斑浮腫薬のPh2失敗をKalVista社が発表|BioToday

【BioToday 2019年12月10日】Merck & Coが気が向けば手に入れることができる糖尿病性黄斑浮腫(DME)薬KVD001(血漿カリクレイン阻害剤)の第2相試験の成功をKalVista Pharmaceuticals社は残念ながら手にできませんでした。

[全文を読むには有料会員登録が必要です]

全文の購読にはBioTodayの年間購読ライセンスが必要です。法人での購読契約の有無や購読の希望の方は以下からお問い合わせください。

BioTodayのご利用に関するお問い合わせはこちらから





全文購読はBioToayの年間契約をご利用ください

世界のバイオ関連情報をオンタイムで

「BioToday」では医学、バイオテクノロジー、製薬メーカー・バイオベンチャーの情報から、学術雑誌に発表された最新の治療情報まで、世界中のライフサイエンス関連のニュースを日本語で提供。

■ 世界のライフサイエンス関連のニュースを提供
■ 学術発表から治験まで幅広く網羅
■ 法人契約はテクノミック社が担当「明日の新薬」とも連携