製薬業界の最新ニュースと解説

EyeforPharma Patient Summit USA:患者エンゲージメントに関するインサイト|COSMO社チェンジメーカーインタビュー

Eyeforpharma Talking

EyeforPharma Patient Summit USA:患者エンゲージメントに関するインサイト

COSMOシニア・コンサルタント安川瑛美が、10月2日~3日に開催されたEyeforPharma Patient Summit USAについて報告します。米国フィラデルフィアで2日間にわたって開催されたEyeforPharmaのサミットでは、製薬企業各社や患者団体が業界の発展に向けて意見交換が行われました。

患者中心医療の実現に向けて活動を展開する3名の方にインタビューし、各氏より患者エンゲージメント活動に関する示唆を得ることができました。

業界風土は「患者さんのために」から、「患者さんと共に」へ変化しつつある

「患者の直接的な関与がない(患者側にヒヤリングが実施されないなど)研究活動は、患者ニーズにそぐわないものになる傾向がある」と発言している複数の患者団体代表の方々に出会いました。開発プロセス全体を通して患者さんが関わることは製薬・患者団体双方にとって良いことであると、慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者であり、US COPD Coalitionのディレクターを務めるジョン・リンネル氏は提起します。

>>> COPD患者活動に関するリンネル氏へのインタビューを読む »

従業員エンゲージメントと患者エンゲージメントにはシナジーがある

患者中心志向を社内でどのように普及し始めればいいかについて、サミット参加者への調査では、圧倒的に(参加者の7割)、患者中心志向はトップダウンのアプローチで始まり、その後ボトムアップで育むものとの回答でした。
フランスの製薬会社であるServier GroupのChief Patient Affairs Officerであるロード・ドゥウルフ医師は、患者エンゲージメントを社内で組織的に促進する上で、標準化されたアプローチをとらないことが重要だと、ご自身の経験や気づきに基づいて話します。

>>> ロード・ドゥウルフ医師のChief Patient Officerとしての視点について読む »

患者エンゲージメント活動には、患者さん以外の人もかかわってくる。患者さんの家族、患者団体、医療従事者、介護者、そして地域社会もかかわる。

NPO患者中心の医療を共に考え共に実践する協議会の代表理事である畑中和義氏は、患者さんにとってより良い医療が提供できる環境を整えることを目指して活動されています。畑中氏のNPO組織は日本における患者中心医療の輪を広める活動に努め、また、患者、患者団体、製薬会社、および医療従事者間のコミュニケーション向上を図るための実践に踏み込みます。

>>> 日本の患者エンゲージメント活動に関する視点を読む  »

COSMO社は日本や海外のヘルスケア業界におけるトレンドをお伝えするニュースレターを配信しています。ニュースレターの内容やサービスに関するお問い合わせは、info_cosmo@cosmopr.co.jp にお寄せください。

この記事は、COSMO社が発行した以下のオリジナル記事を承諾を得て掲載しております。

COSMOは、PR業界のパイオニアとして、企業・団体のコミュニケーション活動を支援。コミュニケーションの戦略的な立案から実施まで一貫したサービスを提供するコミュニケーションコンサルタントです。