製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年8月23日

Insights4 Pharmaが提携をしているFirstWord社が提供するNews Round-Up Videoを翻訳しております。
Youtubeでは、毎日のニュースをFirstWord社のアナリストが直接配信、毎日の製薬トップニュースの把握と製薬業界の時事英語の学習にご活用下さい。

ファイザー社によるメディベーション社買収 新たなM&Aブーム引き起こす可能性

アナリストがファイザー社によるメディベーション社の140億ドルの買収について、ファーマ産業に新たなM&Aブームを引き起こす可能性があるとコメントしました。
大手バイオ製品や医薬品メーカーの中には、M&Aによって資産を拡大することを企業戦略の中枢に据える企業が増えており、今後可能性のある買収ターゲットとしてバイオマリン社、バイオジェン社、インサイト社、クロビス・オンコロジー社、テサーロ社の名前があがっているそうです。

欧州委員会 ギリアド社のTruvadaをHIV曝露前予防薬として承認

欧州委員会(EC)はギリアド社のTruvadaをHIVに非感染ながらも高リスクを有する成人に対する曝露前予防薬として承認しました。
一日一回投与の同薬剤は米国、カナダなどの一部の国ではすでに承認されています。

イギリスの研究所 ホルモン補充療法による乳がん発症リスク、これまでの研究結果より高い確率を発表

ロンドン大学がん研究所(ICR)は、ホルモン併用補充療法(HRT)が女性の乳がん発症リスクを上昇させる率について、これまでの研究で得られた確率よりも高いことが分かったと発表しました。
HRT使用による乳がん発症リスクは使用しない女性に比べ最大3倍とされ、この率はHRT使用期間により変動するということです。

米上院 急性アレルギー反応応急措置薬を吊り上げたマイラン社に説明要求

マイラン社が急性アレルギー反応アナフィラキシーの応急措置のための注射薬「エピペン」(2個セット)の価格を、2008年から今年までに100ドルから500ドルに値上げしたことについて、米上院が同社を糾弾しました。
マイラン社には値上げの理由と、値上げを正当化するだけの製品に対する変更箇所の説明が求められています。