製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年8月16日

Insights4 Pharmaが提携をしているFirstWord社が提供するNews Round-Up Videoを翻訳しております。
Youtubeでは、毎日のニュースをFirstWord社のアナリストが直接配信、毎日の製薬トップニュースの把握と製薬業界の時事英語の学習にご活用下さい。

OncoGenex社 前立腺治療薬の第3相試験で主要評価項目達成ならず

OncoGenex社は前立腺がん治療薬custirsenの第3相試験で主要評価項目が達成されなかったことを発表しました。
このため同社は、これとは別に実施した非小細胞肺がん(NSCLC)を適応症とする第3相試験の結果をもって、FDAへの承認申請を行う計画に切り替えるということです。

バーテックス社 嚢胞性線維症患者に対する併用療法の第3相試験を中止

バーテックス社は嚢胞性線維症患者に対するVX-661とKalydecoを併用する第3相試験について、中間解析の結果、同試験の中止を決定したと発表しました。
同試験はF508del変異型とCFTRたんぱく質の変異型を有する嚢胞性線維症患者を対象として行われていました。

ノバルティス社 1億ドルを投じmAb製造施設の生産能力アップへ

ノバルティス社はフランスのmAb製造施設の生産能力を最大70%増大させるために、約1億ドルを投じる計画であることが明らかになりました。
この計画にはバイオリアクターの新設と2基目の精製ラインの設置も含まれており、2020年の完了を目指すということです。

Aurinia Pharma社 ループス腎炎治療薬の第2相試験で被験者13名死亡、因果関係否定も株価急落

Aurinia Pharma社はループス腎炎治療薬voclosporinの第2相試験において、13名の被験者が死亡したことを発表しました。これを受け同社の株価は半額以下に落ち込みました。
しかしながら同社は、voclosporinと被験者の死亡には因果関係はなく、用量にも問題はなかったとしています。