一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年8月15日

Insights4 Pharmaが提携をしているFirstWord社が提供するNews Round-Up Videoを翻訳しております。
Youtubeでは、毎日のニュースをFirstWord社のアナリストが直接配信、毎日の製薬トップニュースの把握と製薬業界の時事英語の学習にご活用下さい。

UCB社、抗てんかん薬Vimpatの特許の有効性が米国で認められる

米国の連邦地裁がUCB社の抗てんかん薬Vimpatの特許について有効性を認める判決を下しました。
複数のジェネリック薬メーカーがVimpatの特許に関して異議申し立てを行っていました。Vimpatの昨年の売上は6億7,900万ユーロでした。

独Stada社、体調不良で休職中の会長Retzlaff氏の辞職を発表

ドイツのStada社は今年6月以降休職していた取締役会長Hartmut Retzlaff氏の辞職を発表しました。
同社は今年6月、深刻で長期の体調不良を患っていた取締役会長/CEOであったRetzlaff氏に代わり、取締役会からMatthias Wiedenfels氏をCEOに任命していました。

AcelRx社、疼痛治療薬舌下錠ARX-04の第3相試験で主要評価項目達成

AcelRx社は疼痛治療薬舌下錠ARX-04の第3相試験で、60分後の痛みがベースラインに対して35%改善したと発表しました。
対象となった被験者は、中程度から重度の術後疼痛患者です。

Concordia社、16年通年見通し引き下げとCFOの退任発表で株価大幅下落

2016年通年業績見通しの引き下げと最高財務責任者(CFO)の退任を発表したConcordia社の株価が一時30%の下落を喫しました。
Concordia社は今年通年の売上予想を10億-11億ドルのレンジから、8億5,900万ドル-8億8,800万ドルのレンジに引き下げました。

関連記事

  1. いまやAmazonのAlexaがCOVID-19ワクチンを接種できる場所を教えてくれる

  2. ピレスロイド耐性蚊が多い地域ウガンダでピペロニルブトキシド含有蚊帳が有効

  3. アムジェン社/UCB社 閉経後の女性の骨粗しょう症治療薬試験で心血管イベント発生

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. 競争激化する発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)市場。Apellis社のE…

    2021.05.18

  2. BMSの閉塞性肥大型心筋症薬mavacamtenで患者の体調が大幅に改善

    2021.05.18

  3. PCI後DAPTが済んだ患者のクロピドグレル継続で一大事がアスピリンよ…

    2021.05.18

  4. 血流予備比FFRを頼りに冠動脈狭窄を一通りPCIしても転帰は改善せず

    2021.05.18

  5. Rocheの肺線維症薬EsbrietのPh2で駆出率保持心不全患者の心臓線維化…

    2021.05.18

  6. 大塚製薬の腎神経超音波焼灼Paradiseで難治性患者の血圧が低下

    2021.05.18

  7. HADS-D 7点以上を判定基準とする大うつ病検診の感度と特異度の兼ね…

    2021.05.18

  8. 進行した緑内障を手術治療した患者の生きやすさは点眼剤治療を上回…

    2021.05.18

  9. 英国の高齢者への接種でPfizerとAstraZenecaのCOVID-19ワクチンが同…

    2021.05.18

  10. mRNAワクチンの2回目接種を遅らせることでCOVID-19死亡を減らせる

    2021.05.18

  1. 競争激化する発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)市場。Apellis社のE…

    2021.05.18

  2. 通院、通学、大型施設もいつもどおりで大丈夫?巣籠もりより感染対…

    2021.05.17

  3. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  4. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  5. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15