製薬業界の最新ニュースと解説

Amgen、血液腫瘍を対象としたMCL1阻害剤AMG 397の第1相臨床試験において心臓への安全性シグナルのため一時中断すると発表|FirstWord【ヘッドライン】

Shutterstock 147190769 326×210

最新ニュースをアナリストが解説。KOL、専門医、医師へのインタビューとサーベイの独自調査を通じて製薬業界を一網打尽にする『FirstWord Plus』は全世界の製薬業界で活用されてます。
www.firstwordpharma.com

Amgenが9月13日に発表した臨床試験の進捗の報告によると血液腫瘍を対象としたMCL1阻害剤であるAMG397の第1相臨床試験において心臓への安全性シグナルが発生していることから臨床試験を一時中断すると発表した。昨年90人を目標として開始された用量漸増試験では、これまでに多発性骨髄腫、非ホジキンリンパ腫、または急性骨髄性白血病(AML)の患者24人がエンロール登録されている。

なお、この結果を受けてMCL1阻害剤AMG176での患者エンロールも中断したが、AMG176とAbbVie社とRoche社のBCL-2阻害剤Venclexta/Venclyxto (venetoclax)との臨床試験は影響は受けないとしている。

「Firstword Plus 」無料トライアルを申し込む!

製薬業界を一網打尽:FirstWord Plus

FirstWord Plusとは?

■ 製薬業界ニュースを一網打尽
■ KOLインタビュー、サーベイなどの独自記事
■ アナリストがニュース解説
■ 年間$2,495/一人あたり