製薬業界の最新ニュースと解説

グローバル製薬ニュースピックアップ|FirstWord【今週のまとめ】

Matome

最新ニュースをアナリストが解説。KOL、専門医、医師へのインタビューとサーベイの独自調査を通じて製薬業界を一網打尽にする『FirstWord Plus』は全世界の製薬業界で活用されてます。
www.firstwordpharma.com

Firstword Pharmaでは、今週の製薬業界における注目の5つのニュースを「Friday Five」としてピックアップし今週を振り返ります。9月6日のFriday Fiveでピックアップした5つのニュースをタイトルのみですが日本語でご紹介します。

フォシーガ(アストラゼネカ)の心不全リスク低下データに注目:欧州心臓病学会(ESC)

2019年8月20日、アストラゼネカがSGLT2阻害剤フォシーガ(一般名:ダパグリフロジン)の第3相DAPA-HF試験の良好な結果を発表した。
フォシーガの第3相DAPA-HF試験によると、フォシーガが、プラセボ群と比較して、心血管死または心不全の悪化(入院もしくは心不全による緊急受診と定義)において、統計学的に有意かつ臨床的に意義のあるリスク低下を示し、主要複合評価項目を達成したとアストラゼネカ社が発表。本試験では、2型糖尿病合併および非合併の、心不全の標準治療を受けている左室駆出率が低下した心不全(以下、HFrEF)の患者を対象に実施された。

Vertex社、9億5000万ドルでSemma社を買収。1型糖尿病治療への大きな賭け

多発性硬化症治療薬でノバルティスofatumumabがOcrevus(ロシュ)の対抗馬に名乗り出る

世界肺癌学会(WCLC)のプレビュー:注目はアストラゼネカ社のCASPIAN試験結果に

Amarin社のREDUCE-ITの結果を受け、欧州での脂質代謝異常の臨床ガイドラインが変更

リンク先は、FirstWord Pharmaが配信した各ニュースへの記事です。FirstWord Pharma Plusの会員の方は全文ご覧いただけますが、会員で無い方も記事によっては全文ご覧いただけますので、併せてご活用ください。

紹介記事(英語)を「Firstword Plus 」無料トライアルで読む!

製薬業界を一網打尽:FirstWord Plus

FirstWord Plusとは?

■ 製薬業界ニュースを一網打尽
■ KOLインタビュー、サーベイなどの独自記事
■ アナリストがニュース解説
■ 年間$2,495/一人あたり