製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年8月11日

バリアント社がフィリドーRX社との関係を隠し詐欺行為を働いたとして、米連邦検察当局が犯罪捜査を開始

バリアント社が特殊医薬品専門薬局フィリドーRX社との関係を隠し、保険会社に詐欺行為を働いたとして、米連邦検察当局が犯罪捜査を始めたことが報じられています。
検察当局は保険会社フィリドー社が中立的な存在であると認識していたかどうかを調査しており、バリアント社は当局の捜査に全面協力の姿勢を示しているということです。

FDA、Heron Therapeutics社のSustolを抗がん剤による悪心嘔吐予防薬として承認

FDAはHeron Therapeutics社のSustolを抗がん剤による悪心嘔吐予防薬として承認しました。
5-HT3受容体拮抗剤であるSustolは、米国で初めて承認されるポリマーベースのBiochronomer薬物送達技術を使った薬となりました。

ノバルティス社重役が韓国で医師に不法なリベートを支払った疑いで、業務停止処分を受ける可能性

ノバルティス社は6名の重役が韓国で医師に不法なリベートを支払った疑いで、業務停止処分を受ける可能性が出てきました。
検察側によると、ノバルティス社は複数の医学雑誌が開催したセミナーやイベントに出席した医師に対して、リベートを支払ったということです。

アストラゼネカ社はModerna社に対して新たに1億4,000万ドルの投資

アストラゼネカ社はModerna社に対して新たに1億4,000万ドルの投資を行い、株式保留率を9%に増やしたと発表しました。
アストラゼネカ社は今年初めに、がん免疫療法のmRNAの創薬、共同開発、共同商業化についてModerna社との提携を発表しています。