製薬業界の最新ニュースと解説

関節リウマチ治療薬のベンチマーク調査結果:競争優位を導く要素は?┃FirstWord【サーベイ】

What Makes A Good Manager

最新ニュースをアナリストが解説?KOL、専門医、医師へのインタビューとサーベイの独自調査を通じて製薬業界を一網打尽にする『FirstWord Plus』は全世界の製薬業界で活用されてます。
www.firstwordpharma.com

FirstWord Pharmaでは2019年9月、関節リウマチ治療薬のベンチマーク調査の結果を発表した。この調査は、米国、フランス、ドイツ、イギリス50名の関節リウマチの専門医に対して現状の関節リウマチに対する治療薬の効能、安全性そして総合的な評価関するサーベイ調査を実施したものである。米国において8月にJAK阻害剤Rinvoqが新規で関節リウマチを対象として承認されたが、今回の調査をもとにFirstword Pharmaでは、Rinvoqの市場における今後の動向も分析を加えている。

調査対象の医薬品

  • エンブレルEnbrel (一般名:エタネルセプト)
  • ヒュミラ Humira(一般名:アダリムマブ)
  • アクテムラActemra/RoActemra(一般名:トシリズマブ)
  • ゼルヤンツXeljanz(トファシチニブ)
  • オルミエント Olumiant(バリシチニブ)
  • シンポニー Simponi(一般名:ゴリムマブ)
  • レミケード Remicade(一般名:インフリキシマブ)
  • ケブザラ Kevzara(一般名:‎サリルマブ)
  • オレンシア Orencia(一般名:アバタセプト)
  • リツキサンRituxan/MabThera(一般名:リツキシマブ)

効能における高い評価にエンブレル、ヒュミラ、アクテムラ

まずは効能に関して。専門医へのサーベイを効能が高い、中間、相対的に低いの3つのカテゴリーに分類したが以下の通りである。オレンシアに関しては最も効能が低い医薬品であるとの結果であったが、一方では最も安全性の高いとの評価もあることを忘れてはならず、専門家からはBristol-Myers Squibb社によりプロモーション活動をより効果的にするべきとの示唆も示された。

  • 効能が高い:エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ
  • 中間:ゼルヤンツ、オルミエント
  • 相対的に低い:シンポニー、レミケード、ケブザラ、オレンシア

オレンシアに次ぐ安全性の高い評価にエンブレル、ヒュミラ

効能も高いとの評価であったエンブレル、ヒュミラであるが、安全性においてもオレンシアに次いで高いという評価が示された。
欧州においては価格の安いバイオシミラーが承認されており、バイオシミラーを含めてエンブレル、ヒュミラの一角を崩すことは難しいことも示している。抗TNF抗体の中でレミケードが最も安全性の評価が低いとの結果であった。

エンブレル、ヒュミラに次ぐ総合評価でJAK阻害剤のゼルヤンツ。新規承認薬Rinvoqの位置付けは?

全く驚く結果ではないが全体での関節リウマチの現状の治療薬で最も評価が高かったのがエンブレル、ヒュミラであった。これらに続きJAL阻害剤のゼルヤンツであるが、ゼルヤンツはライバルであるJAK阻害剤オルミエントに対し優位を保つかが最優先の課題と言える。

それではRinvoqはどのような評価を受けるのであろうか。少なくともFDAはJAK阻害剤であるゼルヤンツとオルミエントの投与における血栓へのブラックボックス警告はクラスとしての問題として認識されており、Abbvie社がRinvoqをベストインクラスであるという標識を掲げながら後発でのメリットを得ようと思っても、この問題は簡単には払拭できるものでは無い。

参照:ViewPoints: AbbVie’s JAK stuck in a black boxPhysician Views snap-poll results: Do expectations for Rinvoq in RA need to be lowered? (FirstWord Pharma)

AbbVie 社はヒュミラも保有するがいかにRinvoq を販売していくのであろうか?次には4番目のJAK阻害剤filgotinibがGilead社とGalapagos 社によって続いており、潜在的に最も安全なJAK阻害剤を強調し開発を進めている。AbbiVie社が、ゼルヤンツ、オルミエントに比べよりスペシフィックな作用機序を有するRinvoqを、どのように当局を説得、他剤との差別化をいかにしていくのか、リウマチ治療薬の動向に今後も注目が集まる。

紹介記事(英語)を「Firstword Plus 」無料トライアルで読む!

本調査は既に実施され、FirstWord Pharma Plus(有料)会員向けに8月21日にタイトル「Physician Views benchmarking – rheumatoid arthritis 」として発表されています。本記事は、調査内容をもとに、Insights4 Pharmaが日本語で編集、抜粋し紹介したものです。調査内容にご興味の方、トライアルを通じてご覧になりたい方は以下からお問合せください。調査に関するお問合せ、無料トライアルのお申し込みはこちらから>>>

製薬業界を一網打尽:FirstWord Plus

FirstWord Plusとは?

■ 製薬業界ニュースを一網打尽
■ KOLインタビュー、サーベイなどの独自記事
■ アナリストがニュース解説
■ 年間$2,495/一人あたり