製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年8月9日

バリアント社が経営幹部チームを変更、法務部トップにChristina Ackermann氏を起用

バリアント社が経営幹部チームを変更し、法務部トップにChristina Ackermann氏を起用したと発表しました。
また事業戦略・コミュニケーション部門のシニア・ヴァイス・プレジデントにScott Hirsch氏を起用したことも併せて発表しています。

バリアント社の2016年Q2決算発表

バリアント社の2016年Q2決算は、既存事業の売上減が響き、売上がアナリスト予想の25億ドルを下回る24億ドルとなり、前年同期比では11%の下落となりました。
Q2は3億200万ドルの最終赤字を喫し、赤字幅は前年同期より拡大する結果となりました。

アストラゼネカ社 selumetinibの第3相試験において、主要目標を達成しなかったことを発表

アストラゼネカ社は局所進行または転移性非小細胞肺がん(NSCLC)の一部患者に対するselumetinibの第3相試験において、主要目標を達成しなかったことを発表しました。
selumetinibはアストラゼネカ社がKRAS変異型NSCLC患者のセカンドライン治療としてArray BioPharma社より導入した開発品です。

FDA、早期アルツハイマー病治療薬E2609の第3相試験開始に向けた十分なデータが得られたことを確認したと発表

FDAはエーザイ社とバイオジェン社が共同開発中の早期アルツハイマー病治療薬E2609について、第3相試験開始に向けた十分なデータが得られたことを確認したと発表しました。
これを受け両社は、BACE阻害剤であるE2609の第3相試験を2016年度中に開始する予定であると公表しました。

スイスのHelsinn社が、MEI Pharma社とPracinostatについて、共同開発権を取得したと発表

スイスのHelsinn社は、米MEI Pharma社が急性骨髄性白血病や他の血液がん治療薬として開発中のPracinostatについて、共同開発権を取得したと発表しました。

Helsinn社はMEI Pharma社に一時金として1,500万ドル、また最大4億4,900万ドルのマイルストンを支払うことで合意しました。

出典:FirstWord Pharma Daily News Round-Up Video for August 9, 2016