製薬業界の最新ニュースと解説

武田薬品工業、R&D拠点集約と、 重点領域をがん、消化器系疾患、中枢神経系の疾患領域とワクチンに特化を発表

6348

武田薬品工業は、R&D拠点を日本と米国に集約し、治療領域をがん、消化器系疾患、中枢神経系の3の重点疾患領域とワクチンに特化することを発表しました。
研究開発体制を再編することで考えられる人員削減に関して同社は、人員削減が目的ではないとするも「組織再編の進捗によっては結果的にあり得る」とコメントしています。

universal

ソース:Fierce Pharma
参照記事:Takeda Q1 earnings soar as plans to speed R&D rejig announced