製薬業界の最新ニュースと解説

「特許切れによる打撃は想定内」アストラゼネカ社が2016年Q2決算を発表

BN PD532 Astra0 P 20160728034042

アストラゼネカ社が発表した2016年Q2決算は、高脂血症治療薬クレストールのジェネリック薬が米国で発売されたこと、また消化器疾患治療薬ネキシムもジェネリック薬の競合で引き続き低迷していることから、収益が前年同期比11%減の56億ドルとなりました。
同社のソリオCEOは、当期決算が3,000万ドルの最終赤字となり、前年同期の6億9,700万ドルの黒字から大幅減に転じたことについて、「特許切れによる打撃は想定内」とコメントしました。

newsletter_banner_insights4

ソース:Wall Street Journal
参照記事:AstraZeneca Posts $3 Million Loss