CAR-T療法市場、2030年には約140億米ドルの規模に。有望な治療法のパイプラインが市場成長を牽引

Roots Analysis社が新たに発行したレポート、「CAR-T Therapies Market」によると、CAR-T療法の市場は、有望な治療法のパイプラインが充実していることが特徴で、2030年には約140億米ドルの規模になると予測しています。

CAR-T細胞療法は、がん細胞に対して細胞を介した免疫反応を選択的に誘導することで、長期にわたる疾患の寛解をもたらすことから、進行期のがんに対する有望な治療戦略となり、これらの療法の開発品は、ブロックバスターの地位を獲得することが期待されています。

CAR-T細胞療法の市場では、KYMRIAH®, YESCARTA®, TECARTUS®, BREYANZI®ら、4つの製品が承認されており、数十億ドル規模のがん免疫療法市場で重要なシェアを占めることが予想されます。開発品においても、複数の疾患の治療を目的とした多くの候補療法が評価されており、健全で成長性の高いパイプラインを特徴としています。さらに、多額の資金援助とパートナーシップの増加により、CAR-T細胞療法市場は活気に満ちています。

本レポートの資料請求はこちらから

資料請求見積依頼購入希望




CAR-T細胞療法市場は、2021年から2030年の間、年間平均で28%以上で成長すると予想されています。この分野の成長は、承認された4つのCAR-T細胞療法の最近の成功と、今後期待されいてる有望な臨床試験結果に基づくと予想されていますます。2030年には、北米(主に米国)と欧州が、売上高ベースで市場シェアの75%以上を占めると予想されます。同社の新レポートから以下のようなキーファインディングが紹介されています。

4つの承認薬と755種類以上のCAR-T細胞療法が承認/開発中

前述の候補のうち40%近くが前臨床および発見段階にあり、25%以上が臨床段階(第I/II相以上)で評価されています。後期の臨床候補の例としては、bb2121、CD123/CLL1 CAR-T CD19 CAR-T、LCAR-B38M CAR-T / JNJ-68284528などがあります。

様々な癌を治療するための製品候補が開発中

開発パイプラインの95%以上が、急性リンパ性白血病、非ホジキンリンパ腫、多発性骨髄腫、急性骨髄性白血病などの血液悪性腫瘍の治療薬として評価されています(パイプライン製品の数が多い順)。現在のパイプライン候補のうち、非腫瘍性の適応症の治療のために開発されているのはわずか2%です。

承認された4つの医薬品を含む臨床パイプラインの製品候補の大部分は、第二世代のCARをベースにしています。さらに、第4世代のCARコンストラクトや、ヒト化scFvを含むCARベースの製品、バイスペシフィックCAR(CD19+CD20またはCD19+CD22またはCD19+CD30)を用いた多くの新規治療法が世界中で評価されています。

活発な中国でのCAR-T細胞療法に関連する製品開発と臨床試験

過去10年間で、様々な種類のCAR-T細胞療法を評価した410の臨床試験のうち、半数以上が中国で登録されています。また、良好な臨床研究環境を背景に、中国は現在、CAR-T細胞療法の分野で主導的な役割を果たしていると考えられており、40社近い業界プレイヤーと、病院や大学を含む100社以上の非業界プレイヤーがこの分野に貢献しています。

2011年から2020年の間、年間26%で成長するアライアンス数

CAR-T細胞療法に関連して220件以上の契約が締結され、2018年に最大の活動が報告されています。この分野で締結されたパートナーシップ契約の大半は、研究開発契約(21%)、技術ライセンス契約(20%)、製品開発・商業化契約(11%)でした。

民間および公共の投資家によって、205件以上、130億米ドル以上が投資

2013年から2020年の間に、ベンチャーキャピタルラウンド(37%)、その他のエクイティファイナンス(24%)、グラント(12%)、セカンダリーオファリング(12%)を通じて資金を獲得しています。

紹介のレポートでは以下のような質問にお答えします

  • CAR-T細胞療法市場における業界および非業界の主要プレイヤーは?
  • CAR-T細胞療法の研究開発のトレンドは何ですか?
  • CAR-T細胞療法が開発されている主な治療分野は何ですか?
  • この業界のステークホルダーが直面している課題は何ですか?
  • CAR-T細胞療法に関する広範な研究が行われている主要な地域はどこですか?
  • この分野の主要な投資家は誰ですか?
  • この分野の製品開発を推進するためのオピニオンリーダーや専門家は誰ですか?
  • 業界のステークホルダーはどのようなパートナーシップモデルを採用していますか?
  • CAR-T細胞療法にはどのような製造受託サービスがありますか?
  • 今後、CAR-T細胞療法が承認・商業化された場合、どのようなプロモーション戦略が採用される可能性がありますか?
  • この次期市場の進化に影響を与える可能性のある要因は何ですか?
  • 現在および将来の市場機会は、主要な市場セグメントにどのように分配されると考えられますか?CAR-T細胞療法市場における140億米ドル(2030年まで)の金融機会について、以下のセグメントで分析しています。

レポート策定にあたって調査・インタビューした専門家

本レポートでは、業界の著名なステークホルダーの意見を紹介しています。それによると、CAR-T細胞療法は、様々な進行期の癌疾患に幅広く応用できるため、近い将来、採用が拡大すると考えられます。本レポートには、以下の専門家とのディスカッションの詳細な記録が含まれています。

  • Tim Oldham (Chief Executive Officer, Cell Therapies)
  • Troels Jordansen (Chief Executive Officer, Glycostem Therapeutics)
  • Wei (William) Cao (Co-Founder, Chairman and Chief Executive Officer, Gracell Biotechnologies)
  • Miguel Forte (Chief Operating Officer, TxCell)
  • Adrian Bot (Vice President, Scientific Affairs, Kite Pharma)
  • Vincent Brichard (Vice President, Immuno-Oncology, Celyad)
  • Brian Dattilo (Manager of Business Development, Waisman Biomanufacturing)
  • Aino Kalervo (Competitive Intelligence Manager, Strategy & Business Development, Theravectys)
  • Xian-Bao Zhan (Professor of Medicine and Director, Department of Oncology, Changhai Hospital)
  • Enkhtsetseg Purev (Assistant Professor of Medicine, University of Colorado)

本レポートが網羅しているセグメントのご紹介

対象疾患

  • 非ホジキンリンパ腫
  • 多発性骨髄腫
  • 慢性リンパ性白血病
  • 急性リンパ芽球性白血病
  • 濾胞性リンパ腫
  • マントル細胞リンパ腫
  • 肝細胞癌
  • 大腸がん

標的抗原

  • CD19
  • BCMA
  • CD19, CD22
  • GPC3
  • EGFR

対象市場

  • 北アメリカ
  • ヨーロッパ
  • アジア・パシフィック
  • ラテンアメリカ
  • 中近東・北アフリカ
  • そのほかの地域

対象企業

本レポートでは、企業の概要、財務情報(入手可能な場合)、治療法の種類や現在の開発状況を含む製品の説明を含む簡単なプロフィールを掲載しています。各企業のプロフィールには、技術ポートフォリオ(入手可能な場合)、T細胞免疫療法に関連する最近の開発状況、企業の製造能力が含まれています。

  • Autolus
  • bluebird bio
  • CARsgen Therapeutics
  • Celgene (A Bristol Myers Squibb Company)
  • Cellectis
  • Cellular Biomedicine Group
  • Innovative Cellular Therapeutics
  • Iovance Biotherapeutics
  • Kite Pharma (A Gilead Sciences Company)
  • Kuur Therapeutics
  • Noile-Immune Biotech
  • Novartis
  • Shanghai Genechem
  • Sinobioway Cell Therapy
  • Takara Bio
  • Ziopharm Oncology

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

  1. ルセンティスの眼内レンズで滲出型加齢黄斑変性の治療が年2回に?…

    2021.10.25

  2. ズラノロン、まず大うつ病対象で2022年初頭FDA承認申請へ

    2021.10.20

  3. 2021年10月27日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2021.10.19

  4. バイオジェン、ALS治療薬のピボタル試験失敗も、早期患者アクセス拡…

    2021.10.19

  5. FDA、UCBのビメキズマブ承認審査延期。コロナによる渡航制限で

    2021.10.18

  6. 新型コロナ治療候補薬アビプタジルの生存率データ発表でNRx社の株価…

    2021.10.15

  7. FDA、子宮頸がんのファーストラインにキイトルーダ併用投与をFDA承認

    2021.10.15

  8. 武田、希少神経代謝性疾患むけ細胞療法開発でImmusoft社と提携

    2021.10.14

  9. ロシュ、てんかんの遺伝子治療でCombiGeneと開発契約提携

    2021.10.13

  10. アルツハイマー治療薬「ガンテネルマブ」がFDAから画期的治療薬に指定

    2021.10.11

  1. 高齢者のアジテーションに抗うつ薬ミルタザピン無効~むしろ有害か…

    2021.10.25

  2. 大麻を吸って間もない人を即座に同定するスマートフォン利用唾液検…

    2021.10.25

  3. ルセンティスの眼内レンズで滲出型加齢黄斑変性の治療が年2回に?…

    2021.10.25

  4. 男性胎児には新型コロナウイルスへの抗体が届きにくい

    2021.10.25

  5. 老人ホーム入居者の転倒や骨折が乳製品をより摂ることで減る

    2021.10.25

  6. 新たなパターンを見つけるAIの一種・機械学習頼りの診断/予後予想の…

    2021.10.25

  7. 急な尿閉とその後に癌が見つかりやすいことが関連

    2021.10.25

  8. 脂肪肝の線維化の進行や治療効果を判定しうる尿検査を開発

    2021.10.25

  9. マウスの脊椎関節炎にマクロファージ遊走阻止因子(MIF)阻害剤が有効

    2021.10.25

  10. ImCheck社のVγ9Vδ2 T細胞活性化剤Ph1試験で抗腫瘍免疫増幅効果が示…

    2021.10.25