アストラゼネカ社とジョンソン・エンド・ジョンソン社、COVID-19ワクチンに変更することで、まれではあるが重篤な血液凝固反応のリスクの低減を研究

7月15日。アストラゼネカ社とジョンソン・エンド・ジョンソン社は、両社のCOVID-19ワクチンに変更を加えることで、一部の患者に見られる、まれではあるが重篤な血液凝固反応のリスクを低減、あるいは排除できるかどうかについて、初期段階の研究を行っていると、ウォール・ストリート・ジャーナル紙が匿名の情報筋の話として報じました。

血小板数の減少を特徴とするこの血液凝固問題は、ワクチン誘発性免疫性血栓性血小板減少症(VITT)と呼ばれており、両製品に関連しています。

🔒この記事はプレミアム会員向けです

今なら1カ月無料ではじめられます.
1カ月1000円でInsights4プレミアム記事を無制限で閲覧頂けます。

ログイン

無料メルマガ登録
  1. CAR-T療法市場、2030年には約140億米ドルの規模に。有望な治療法の…

    2021.09.27

  2. Capricor社、デュシェンヌ型筋ジストロフィー開発薬CAP-1002をフェ…

    2021.09.27

  3. リムパーザが前立腺がんファーストライン対象のⅢ相試験で主要目標を…

    2021.09.27

  4. Incyte社のアトピー性皮膚炎治療薬OpzeluraをFDAが承認

    2021.09.22

  5. ジョンソン・エンド・ジョンソン社、エボラウイルスワクチンのレジ…

    2021.09.15

  6. リープ社、胃がんにおけるDKK1抗体とTislelizumabのコンボでポジテ…

    2021.09.15

  7. 2027年に胃がんの発症数は110万人に。治験からみる今後の治療薬の傾…

    2021.09.14

  8. 承認確率が低い頭頚部がんの治療分野でもチェックポイント阻害剤が…

    2021.09.13

  9. 世界肺癌学会2021:イムフィンジの3剤併用が肺がんのファーストライ…

    2021.09.13

  10. リリー社がProQR社とRNA編集に関する契約を締結

    2021.09.09

  1. CAR-T療法市場、2030年には約140億米ドルの規模に。有望な治療法の…

    2021.09.27

  2. Merckが肺炎球菌ワクチンの売り上げに応じた歩合を2035年までPfizer…

    2021.09.27

  3. Capricor社、デュシェンヌ型筋ジストロフィー開発薬CAP-1002をフェ…

    2021.09.27

  4. リムパーザが前立腺がんファーストライン対象のⅢ相試験で主要目標を…

    2021.09.27

  5. Bavarian社のCOVID-19ブースターワクチン開発へのデンマークの助成…

    2021.09.27

  6. やがて2型糖尿病に至る病態・インスリン抵抗性と大うつ病を生じ易い…

    2021.09.27

  7. 世界で見つかった数百もの新型コロナウイルス抗体の結合領域一覧が…

    2021.09.27

  8. 青斑核が朽ちていくことはアルツハイマー病の初期徴候らしい

    2021.09.27

  9. CDK7阻害剤THZ1は白血病幹細胞を駆除する

    2021.09.27

  10. 新型コロナウイルス感染とギランバレー症候群の関連を調べる必要が…

    2021.09.27