世界の製薬業界の最新ニュースと解説

腎細胞がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

進行性の腎細胞がん治療では免疫チェックポイント阻害薬と血管新生抑制薬の併用レジメンが革命をもたらしそうです。腎細胞がん治療の主流は、血管新生抑制薬ではあるものの、再発がんにおいてはブリストル・マイヤーズ スクイブ・小野薬品のPD-1阻害薬オプジーボが相当シェアを獲得しています。

概要

腎細胞がん治療の主流は、血管新生抑制薬ではあるものの、再発がんにおいてはブリストル・マイヤーズ スクイブ・小野薬品のPD-1阻害薬オプジーボが相当シェアを獲得し、エーザイのレンビマとノバルティスのアフィニトール併用、ファイザーのインライタ及びmTOR阻害薬単剤療法に先立って使用されるようになりました。ファーストラインではエクセリクス/イプセンのCabometyxが参入し、進行がん治療では免疫チェックポイント阻害薬と血管新生抑制薬の併用レジメンが革命をもたらしそうです。

米国ではスーテントがハイリスクの早期ステージ(ステージI-III)患者に対して承認され、早期ステージ治療薬として複数の免疫チェックポイント阻害薬の発売も期待されています。腎細胞がんで承認される薬剤は増加しているものの、依然深刻なニーズが存在するため、現在の標準治療よりも効果的で安全な薬剤の開発で相当の恩恵がもたらされそうです。

調査におけるキーポイント

  • 早期ステージ、進行または転移性腎細胞がんの薬物療法対象患者規模は?
  • 薬物療法の受療率は今後変化が予想されるか?
  • 現在の腎細胞がん治療、インタビューに回答した専門医は現在の治療選択肢に対しどのような見解を持っているか?
  • 未だ満たされていない臨床ニーズは?
  • 腎細胞がん治療の併用療法を開発している主な企業、これらの併用療法はどのように差別化されるか、最も有望視されるのはどれか?
  • 開発段階の薬剤のうち、腎細胞がん市場の各セグメントに参入が予想される薬剤は?各薬剤の予想シェア、売上高は?