世界の製薬業界の最新ニュースと解説

慢性疼痛 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

慢性疼痛の治療には、NSAID、オピオイド鎮痛薬を含むいくつかのクラスの薬剤が使用されます。慢性疼痛市場には、ジェネリック医薬品を含め多数の薬剤が存在し、新たなブランド薬が確固たる地位を築くにはかなり厳しい市場といえます。

概要

慢性疼痛市場には、ジェネリック医薬品を含め多数の薬剤が存在し、新たなブランド薬が確固たる地位を築くにはかなり厳しい市場といえます。慢性疼痛の治療には、NSAID、オピオイド鎮痛薬を含むいくつかのクラスの薬剤が使用されます。治療の基盤ともいえるオピオイド鎮痛薬に対しては、一般市民、保険者、医師からの厳しい視線が集まっており、乱用リスクの少ない、または乱用を抑止する薬剤、安全性と忍容性に優れた鎮痛薬、神経成長因子(NGF)を標的とする生物学的製剤など新たな作用機序を持つ薬剤の開発機会があります。新たな作用機序を持つ薬剤の登場と変形性関節症疼痛、慢性腰痛等の患者人口の増加も市場成長の原動力となりそうです。

キーポイント

  • インタビューに回答した専門医は、オピオイド鎮痛薬の乱用・誤用のリスクを考慮し、今後慢性疼痛市場にどのような変化を予想しているか?
  • 乱用防止特性をもつ製剤、徐放性・持続性オピオイド鎮痛薬は、重度の慢性疼痛に対する米国医師の処方にどのような影響をもたらすか?
  • 多様な薬剤クラスにおける新たな鎮痛薬、中でも安全性のリスクを相殺しうる優れた有効性が注目されている「ファーストインクラス」の抗NGF抗体は、ジェネリック化が進んだ慢性疼痛市場にどのようなインパクトを与えうるか?
  • 慢性疼痛治療において、未だ満たされていないニーズが最も深刻な領域は?新たな薬剤はこれらのニーズにどう対応できるか?