製薬業界の最新ニュースと解説

卵巣がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

卵巣がんの治療アルゴリズムは急速に発展しています。過去数十年間、標準療法は化学療法でしたが、ロシュ/ジェネンテック/中外製薬のアバスチン及びPARP阻害薬3剤の参入により、分子標的療法が主体になりつつあります。さらに、免疫チェックポイント阻害薬が治療パラダイムを大きく変えそうです。

レポート概要

卵巣がんの治療アルゴリズムは急速に発展しています。過去数十年間、標準療法は化学療法でしたが、ロシュ/ジェネンテック/中外製薬のアバスチン及びPARP阻害薬3剤(アストラゼネカのLynparza、Clovis OncologyのRubraca、TesaroのZejula)の参入により、分子標的療法が主体になりつつあります。免疫チェックポイント阻害薬を含む多剤併用療法も後期段階に達しており、免疫チェックポイント阻害薬が治療パラダイムを大きく変えそうです。

調査におけるキーポイント

  • 薬物療法の対象となる卵巣がん患者の規模、薬物療法の受療率は今後どう変化するとみられるか?
  • 現在の卵巣がん治療状況、最も重要な薬剤は?現在の治療選択肢に関するKOLの見解は?未だ満たされていない主な臨床ニーズとは?
  • 現在開発段階の薬剤のうち最も有望なのはどの薬剤か?これらの薬剤が今後の卵巣がん市場をどう形作っていくことが予想されるか?開発早期段階で注目すべき薬剤は?
  • メルク/ファイザーのBavencio、ロシュ/ジェネンテック/中外製薬のテセントリク、TesaroのTSR-042、アストラゼネカのImfinzi、メルクのキイトルーダ、ブリストル・マイヤーズ スクイブ/小野薬品のオプジーボ等の承認により当市場にどのような影響が予想されるか?他の薬剤クラスは免疫チェックポイント阻害薬とどのように競えるか?
  • 当市場における成長原動力、抑制要因は?予測期間中、市場はどう進展するか?