製薬業界の最新ニュースと解説

非ホジキンリンパ腫・慢性リンパ球性白血病 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

非ホジキンリンパ腫(NHL)治療薬市場では、高額な既存薬の適応追加に加え、新たに数製品が発売されたことから、10年間の予想期間中、相当の成長が予想されます。そのうち1つが初のキメラ抗原受容体発現T細胞療法(CAR-T細胞療法)Yescartaです。再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)で承認され、非ホジキンリンパ腫治療薬開発において画期的な出来事となりました。

概要

非ホジキンリンパ腫(NHL)治療薬市場では、高額な既存薬の適応追加に加え、新たに数製品が発売されたことから、10年間の予想期間中、相当の成長が予想されます。そのうち1つが初のキメラ抗原受容体発現T細胞療法(CAR-T細胞療法)Yescartaです。再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)で承認され、非ホジキンリンパ腫治療薬開発において画期的な出来事となりました。これに対し、市場成長を妨げる要因として、2017年非ホジキンリンパ腫患者シェア及び市場シェア首位であったリツキシマブのバイオシミラー浸透が予想されること、さらにレブラミド、程度はやや下がるもののベンダムスチンのジェネリック薬の浸透が挙げられます。非ホジキンリンパ腫には、有効性の改善、現在十分ではない患者セグメントを対象とした薬剤に未開拓の臨床・商業的可能性が残されています。

調査におけるキーポイント

  • 近年のキナーゼ阻害薬の承認を受け、非ホジキンリンパ腫治療ガイドラインが変更されたが、非ホジキンリンパ腫ではどのキナーゼ阻害薬が最も有望か、どの患者群を対象としているか? これらの薬剤が非ホジキンリンパ腫市場に与える影響は?
  • リツキサン/MabTheraは薬物療法を受ける全ての非ホジキンリンパ腫患者に広く使用され、大きな売上を達成しているが、バイオシミラー参入により、リツキシマブの市場シェアは本レポートの予想期間10年間でどう変化するか?Gazyva/Gazyvaroは、非ホジキンリンパ腫においてリツキサン/MabTheraと同様の地位を達成し、これによってバイオシミラー浸透がリツキサン先発品の売上に与える影響を最小限に抑えることができるか?
  • 当市場では2027年まで堅調な成長が予想されるが、この成長を支える要因は?非ホジキンリンパ腫治療を圧倒するのはどのクラスの薬剤か?10年間で、どの新規クラスの薬剤の発売が予想されるか、これらが市場に与える影響とは?