免疫療法薬ニボルマブはハイリスク尿路上皮がんの無病生存期間を倍増させる

【海外がん医療情報 】 「筋層浸潤尿路上皮がんは、現在の標準治療である外科手術を行っても術前化学療法の有無にかかわらず再発リスクが高いがんです。これらの新しい知見は、再発リスクが最も高い患者では手術後に免疫療法を行うことにより、疾患が再発するまでの時間を延ばす助けになることを示しています」と、理学系修士(MS)、米国内科学会マスター(MACP)、米国臨床腫瘍学会フェロー(FASCO)、米国臨床腫瘍学会の泌尿生殖器がん専門医であるRobert Dreicer医師は述べた。

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

シスプラチンをベースとした化学療法の有無にかかわらず、根治手術後に免疫療法薬ニボルマブ(販売名:オプジーボ)で治療することにより筋層浸潤尿路上皮がん患者の無病生存期間が有意に改善されたとする研究が、2月11日から13日にオンライン開催される2021米国臨床腫瘍学会泌尿生殖器がんシンポジウムで発表される予定である。

この結果は、根治手術(すべての病変組織を除去することを目指した手術)を受けた膀胱、尿管あるいは腎盂にハイリスク筋層浸潤尿路上皮がんを持つ患者における術後補助療法としてのニボルマブに関する第3相臨床試験CheckMate 274により明らかとなった。

関連記事

  1. αシヌクレインやAβへの抗体はヒトマイクログリアの炎症をより悪化させる

  2. 60歳以上高齢者を含む成人が不活化COVID-19ワクチンで安全に中和抗体を備えた

  3. “休業要請応じず” 福岡県内の一部のパチンコ店が営業 29日に店名公表へ

  4. COVID-19抗体カクテル、ワクチン的な予防効果に期待。Regeneron社、REGEN-COVの少ない投与量、皮下注射での臨床効果を発表

  5. FDA審査委員会が12対4でPuma社の乳癌治療薬 neratinibの承認を支持すると決定

  6. Kadmon社の慢性GVHD薬belumosudil承認申請を米国FDAが受理して優先審査中

メルマガ無料配信中




  1. 輸液セットの交換はよりこまめな4日毎ではなくより長めの7日毎の交…

    2021.04.21

  2. Seagenとアステラス製薬の膀胱癌薬の用途拡大の承認申請を米国FDAが…

    2021.04.21

  3. 犬や人の老化疾患の遺伝子治療を開発するRejuvenate Bio社が1000万…

    2021.04.21

  4. どのコロナウイルスも相手しうる抗体の試験を始めたAdagio社が3億ド…

    2021.04.21

  5. Lyndra社の統合失調症経口薬が週1回服用で治療域維持~今年中ピボタ…

    2021.04.21

  6. Anixa社の卵巣標的CAR-Tの治験開始を米国FDAが差し止めている

    2021.04.21

  7. 抗癌剤として開発されていた化合物によるCOVID-19治療にTonix社が取…

    2021.04.21

  8. BMSのOpdivoによる胃/食道胃接合部/食道癌初治療を米国FDAが承認

    2021.04.21

  9. タウ凝集は核スペックルの成員SRRM2等を誘拐してRNAスプライシング…

    2021.04.21

  10. SARS-CoV-2抗体反応を有する海軍兵士の接触の多い訓練の間の感染率1…

    2021.04.21

  1. デジタル戦略:バイエルの音声アシスタント「AMI」が医師のために医…

    2021.04.19

  2. ファイザー社CEO、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種が1年以…

    2021.04.16

  3. 【Insights4 Pharma x COSMO共催オンラインセミナー 】患者のライフ…

    2021.04.16

  4. 5/19(水)Web開催/データ連携が導く医薬品マーケティングの新潮流…

    2021.04.15

  5. J&J社の新型コロナウイルスワクチン、接種後に稀に発生した血…

    2021.04.15