3月10日、FDAが再発/難治性進行腎細胞がんにチボザニブを承認

【海外がん医療情報 】 2021年3月10日、米国食品医薬品局(FDA)は、2種類以上の全身療法後の再発/難治性進行腎細胞がん(RCC)の成人患者に対し、キナーゼ阻害剤であるチボザニブ(販売名:Fotivda、AVEO Pharmaceuticals, Inc.社)を承認した。

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

有効性は、TIVO-3試験(NCT02627963)において評価された。本試験は、チボザニブとソラフェニブを比較する無作為化(1:1)非盲検多施設共同試験で、ソラフェニブまたはチボザニブ以外のVEGFRキナーゼ阻害剤を1種類以上含む全身療法を2~3種類受けた再発/難治性進行腎細胞がん(RCC)患者を対象とした。患者は、チボザニブ1.34mgを1日1回、28日ごとに21日間連続して経口投与する群と、ソラフェニブ400mgを1日2回連続して経口投与する群に無作為に割り付けられた。投与は、疾患進行または忍容できない毒性が認められるまで継続した。

関連記事

  1. ESMO免疫腫瘍学会:免疫療法の基礎から最新研究まで|海外がん医療情報リファレンス

  2. 東ティモールが新型コロナで「鎖国」状態 現地の状況は…?

  3. PfizerのCOVID-19ワクチンの重度アレルギー反応はPEGのせいかもしれない

  4. 大正・久光 軸足はOTCに…製薬各社 薬価制度改革で問われる立ち位置

  5. J&JがCOVID-19ワクチンをFDAに認可申請~早速26日の諮問委員会で検討される

  6. bluebird社の鎌状赤血球症遺伝子治療試験の白血病はベクター挿入とは無関係そう

メルマガ無料配信中




  1. 輸液セットの交換はよりこまめな4日毎ではなくより長めの7日毎の交…

    2021.04.21

  2. Seagenとアステラス製薬の膀胱癌薬の用途拡大の承認申請を米国FDAが…

    2021.04.21

  3. 犬や人の老化疾患の遺伝子治療を開発するRejuvenate Bio社が1000万…

    2021.04.21

  4. どのコロナウイルスも相手しうる抗体の試験を始めたAdagio社が3億ド…

    2021.04.21

  5. Lyndra社の統合失調症経口薬が週1回服用で治療域維持~今年中ピボタ…

    2021.04.21

  6. Anixa社の卵巣標的CAR-Tの治験開始を米国FDAが差し止めている

    2021.04.21

  7. 抗癌剤として開発されていた化合物によるCOVID-19治療にTonix社が取…

    2021.04.21

  8. BMSのOpdivoによる胃/食道胃接合部/食道癌初治療を米国FDAが承認

    2021.04.21

  9. タウ凝集は核スペックルの成員SRRM2等を誘拐してRNAスプライシング…

    2021.04.21

  10. SARS-CoV-2抗体反応を有する海軍兵士の接触の多い訓練の間の感染率1…

    2021.04.21

  1. デジタル戦略:バイエルの音声アシスタント「AMI」が医師のために医…

    2021.04.19

  2. ファイザー社CEO、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種が1年以…

    2021.04.16

  3. 【Insights4 Pharma x COSMO共催オンラインセミナー 】患者のライフ…

    2021.04.16

  4. 5/19(水)Web開催/データ連携が導く医薬品マーケティングの新潮流…

    2021.04.15

  5. J&J社の新型コロナウイルスワクチン、接種後に稀に発生した血…

    2021.04.15