《がん治療の副作用》男性がん患者のセクシュアルヘルス

【海外がん医療情報 2月19日】 がんの治療を受けている男性は、治療中、ときには治療後に、性生活に影響を及ぼす変化を経験することがあります。治療前のような性的活動への気力や関心はなくなる可能性がありますが、それでも、配偶者やパートナーと性的関係を持ち親密感を得ることはおそらく重要でしょう。

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

がん治療が性生活にどのように影響するかについて主治医や看護師から説明を受けることもあれば、自分から積極的に質問しなければならないこともあります。質問は、「この種の治療を受けている男性によく見られる性に関する変化や問題は何か?」「治療中はどのような家族計画や避妊方法が推奨されているか?」といったものです。
その他の検討すべき質問については、このページの最後に記載してあります。治療が妊よう性にどのような影響を及ぼすかについての詳細は、「男児と男性の妊よう性の問題(原文)」をご参照ください。

関連記事

  1. 世界初!siRNAが米国で承認―Alnylamの「Onpattro」アミロイドーシス治療 新時代へ|DRG海外レポート

  2. 軽症RSVの子はウイルス量が多く、IFNをより発現し、単球が十分に活性化

  3. ORF8蛋白質を作らないΔ382変異新型コロナウイルスの感染は軽症で済む

  4. RocheがVaccibody社に2億ドルを払って癌治療DNAワクチンの権利を手に入れる

  5. HIS、全ての海外ツアーを4月26日まで中止 添乗員同行ツアーは5月10日まで

  6. BMS社、肺がんの一次治療としての「オプジーボ」「ヤーボイ」の併用療法の迅速承認申請を見送る

メルマガ無料配信中




  1. ファイザー社CEO、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種が1年以…

    2021.04.16

  2. 【Insights4 Pharma x COSMO共催オンラインセミナー 】患者のライフ…

    2021.04.16

  3. Bausch Healthのドライアイ薬の第3相試験の病変と症状評価のどちら…

    2021.04.16

  4. デンマークがAstraZenecaのCOVID-19ワクチン使用を一切中止

    2021.04.16

  5. 1年ほど前にLillyが買ったDermira社のカリフォルニア州拠点閉鎖~16…

    2021.04.16

  6. 長寿薬を開発するBioAge社がPh1段階の筋力回復薬をAmgenから取得

    2021.04.16

  7. 幻想薬シロシビンの抗うつ効果がエスシタロプラムに勝らず~ただし…

    2021.04.16

  8. 細菌のイオンチャネルMscSは細胞内圧亢進の果てに脂質を離して開口…

    2021.04.16

  9. サプリメントとしてよく使われるクレアチンがマウスの癌転移を促進

    2021.04.16

  10. Senti Bio社の遺伝子回路技術を組み込んだ細胞治療の開発にRocheが…

    2021.04.16

  1. ファイザー社CEO、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種が1年以…

    2021.04.16

  2. 【Insights4 Pharma x COSMO共催オンラインセミナー 】患者のライフ…

    2021.04.16

  3. 5/19(水)Web開催/データ連携が導く医薬品マーケティングの新潮流…

    2021.04.15

  4. J&J社の新型コロナウイルスワクチン、接種後に稀に発生した血…

    2021.04.15

  5. バイエルのPI3K阻害剤アリコパがギリアド社のZydeligを上回る。AACR…

    2021.04.12