糞便微生物移植が進行メラノーマに対するペムブロリズマブの奏効を改善

【海外がん医療情報 2月17日】 免疫療法が効かないがん患者の一部に対し、糞便移植により腸管内微生物の組成(腸内細菌叢として知られている)を調整することで、免疫療法の効果が得られる可能性があることが、新たな試験で示された。同試験は、米国国立衛生研究所の一部である国立がん研究所(NCI)がん研究センターの研究者と、ピッツバーグ大学のUPMCヒルマンがんセンターの研究者が共同で実施した。

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

この試験では、免疫療法薬の一種である免疫チェックポイント阻害薬による治療に当初は奏効を示さなかった進行メラノーマ患者に対し、同薬剤に奏効した患者から得た糞便細菌叢を移植した結果、一部において免疫チェックポイント阻害薬に対する奏効が認められた。この結果から、患者の大腸に特定の糞便微生物を導入すると、腫瘍細胞を認識して殺傷する免疫系の機能を高める薬剤に患者が奏効するようになる可能性が示唆されている。本知見は、Science誌に2021年2月4日付けで掲載されている。
「近年、PD-1阻害薬やPD-L1阻害薬と呼ばれる免疫療法薬は、特定の種類のがんを有する多くの患者に有益ですが、奏効を示さないがんを有する患者の治療に対しては、新たな戦略が必要とされています」と、NCIがん研究センター統合がん免疫学研究所の主任であり、本研究の共同リーダーであるGiorgio Trinchieri医師は述べている。「今回実施した試験は、腸内細菌叢の組成を変化させると免疫療法の奏効が改善することを実際の患者で確認した最初の試験のうちの1つです。この試験のデータは、腸内細菌叢ががん治療の標的になりうることを証明しています」。

関連記事

  1. 血液循環腫瘍細胞(CTC)はステージ3メラノーマ再発・治療の予測因子として有望

  2. 白血病や肺癌治療として開発されていたLSD1阻害剤をIncyte社が廃止

  3. エストロゲン貼り薬による前立腺癌アンドロゲン抑制治療は見直されるべき

  4. コロナウイルス(COVID-19)ワクチンとがん

  5. 放射線リスクと小児CT(コンピュータ断層撮影):医療従事者のための指針

  6. 乳癌治療薬を開発するZentalis社が国家非常事態の最中に1億6500万ドルIPO調達

メルマガ無料配信中




  1. キイトルーダ、腎細胞がんの術後補助療法でライバルよりいち早く有…

    2021.04.10

  2. AstraZeneca COVID-19ワクチンと血栓症の関連を認めた身内の見解をE…

    2021.04.09

  3. Supernus社のADHD薬Qelbree(viloxazine)を米国FDAが承認

    2021.04.09

  4. 癌転移阻止治療を開発するVolastra社がマイクロソフトと提携~4400…

    2021.04.09

  5. AstraZeneca COVID-19ワクチンと血栓症の関連を認めた身内の見解をE…

    2021.04.09

  6. 田辺三菱製薬から得た高血圧薬のPh2試験資金4000万ドルをMineralys…

    2021.04.09

  7. AstraZeneca COVID-19ワクチンと血栓症の関連を認めた身内の見解をE…

    2021.04.09

  8. 第一三共が今後5年間の研究開発に136億ドルを投じる~3つのADC薬を…

    2021.04.09

  9. 田辺三菱製薬から得た高血圧薬のPh2試験資金4000万ドルをMineralys…

    2021.04.09

  10. 第一三共が今後5年間の研究開発に136億ドルを投じる~3つのADC薬を…

    2021.04.09

  1. キイトルーダ、腎細胞がんの術後補助療法でライバルよりいち早く有…

    2021.04.10

  2. コロナ禍が医学系学会開催に与えた影響は?-学会DB登録データより-

    2021.03.29

  3. 製薬企業におけるコンテンツマーケティングの考え方

    2021.03.24

  4. 2021年3月24日(水)開催 無料オンラインセミナー:KOL選定を定量…

    2021.03.04

  5. KOL(Key Opinion Leader)はどう選ぶ?KOLの判断基準&要素の出し方…

    2021.03.04