世界の製薬業界の最新ニュースと解説

海外の薬事制度にまなぶ

タイトル:海外の薬事制度にまなぶ
著者:小林 大高
出版社:医薬経済社

薬剤師と薬局を取り巻く環境は厳しさを増している。 薬局の不正が相次いで明るみになり、信頼そのものが揺らいでいる。 そして、専門職としての存立の危機にある。 一方、世界を見渡すと薬局や薬剤師にかかる独創的な職能開発が芽生え始め、薬剤師がその叡智を結集させ苦労して生み出したエビデンスがあふれている。

目次
第1章 イギリス
医療制度の概要
薬剤給付と薬価制度の概要

第2章 ドイツ
医療制度の概要
薬剤給付と薬価制度の概要
医薬品の区別
薬局制度と薬剤師の役割

第3章 フランス
医療制度の概要
薬剤給付と薬価制度の概要
医薬品の区別
薬局制度と薬剤師の役割
薬局薬剤師の調剤以外の業務・役割
薬剤師養成教育
生涯教育制度

第4章 オーストラリア
医療制度の概要
薬剤給付と薬価制度の概要
薬局制度と薬剤師の役割
薬剤師養成教育
生涯教育制度

第5章 イタリア
医療制度の概要
薬剤給付と薬価制度の概要
医薬品の区別
薬局制度と薬剤師の役割

第6章 フィンランド
医療制度の概要
薬剤給付と薬価制度の概要
医薬品の区別
薬局制度と薬剤師の役割

第7章 世界の薬局・薬剤師の将来展望
未来に向けた薬局変革のための原動力
これからの薬剤師の役割とは
臨床薬剤師のこれから
医薬品選択に患者の意向を反映する
他の医療従事者の業務を高水準に維持するための支援
可能かつ実現可能な骨組み
最後に