世界の製薬業界の最新ニュースと解説

こわいもの知らずの病理学講義

タイトル:こわいもの知らずの病理学講義
著者:仲野徹
出版社:晶文社

医学界騒然! 本邦初の笑って読める医学書誕生。
大阪大学医学部名物教授による、
ボケとツッコミで学ぶ病気のしくみとその成り立ち。

ひとは一生の間、一度も病気にならないことはありえません。ひとは必ず病気になって、死ぬんです。だとすれば、病気の成り立ちをよく知って、病気とぼちぼちつきあって生きるほうがいい。書評サイト「HONZ」でもおなじみ、大阪大学医学部で教鞭をとる著者が、学生相手に行っている「病理学総論」の内容を、「近所のおっちゃんやおばちゃん」に読ませるつもりで書き下ろした、おもしろ病理学講義。脱線に次ぐ脱線。しょもない雑談をかましながら病気のしくみを笑いとともに解説する、知的エンターテインメント。

メディア掲載レビューほか
「細胞・血液・がんとは何か」をわかりやすく伝える方法

病理学。著者の言葉を借りれば〈病気はどうしてできてくるのかについての学問〉だそうだ。医療情報が氾濫する昨今、正しい情報を手に入れるには、病気のメカニズムを理解したほうがいい。本書はそんなニーズに応えてくれる。

「著者は長年、大阪大学医学部で病理学を講義しておられます。その経験を活かし、わかりやすく、読んでいて飽きないおもしろさのある病理学の入門書を書いていただきました」(担当編集者)

本筋の周辺に豊富な雑学を取り混ぜ、難解な専門用語を使った説明はみずから「わかりにくい」とつっこみを入れてから噛み砕く。脱線に満ちたユーモア溢れる語り口は、純粋に読み物として楽しい。

主な参考文献は、著者が講義でも使用している、病理学の教科書では世界的ベストセラーのロビンス『Basic Pathology(基礎病理学)』。その全24章中の3章分にあたる、病理学の基礎中の基礎となる細胞、そして血液の構造と、読者の切実なニーズがあるがん(腫瘍)の解説を取り上げた。

「医学的な正確性や厳密性を担保するには、それなりの文章量が必要になります。しかしあまり大部の本となると読書のハードルが上がってしまうので、内容を絞りました。図版をおさえ目にしたのも、論理でまず理解していただきたかったから。ビジュアル化することで逆に誤解を生む可能性もあるんです」(担当編集者)

評者:前田久

(週刊文春 2018年04月05日号掲載)