世界の製薬業界の最新ニュースと解説

最新《業界の常識》よくわかる医薬品業界 (最新 業界の常識)

タイトル:最新《業界の常識》よくわかる医薬品業界 (最新 業界の常識)
著者:長尾 剛司
出版社:日本実業出版社

\2025年を見据えた医薬品業界の変化に合わせた最新版!/

◆業界の最新情報から基礎知識まで網羅
2025年にむけた地域包括ケアシステム、医薬品の流通・販売に対する規制、異業種からの参入やグローバルなM&A、創薬段階からのAIの活用など、医薬品業界は変化し続けています。
本書は、医薬品業界の現状と業界の基礎知識などについて、わかりやすくコンパクトに説明します。

◆創薬からお金の流れまで ~ 仕事の内容と特徴がわかる
製薬メーカーにおける医薬品の研究開発から、流通や販売、処方と調剤、保険請求まで医薬品にかかわるすべてを解説します。
製薬メーカーで営業などを行なうMR(医薬情報担当者)や研究者、調剤薬局やドラッグストアの薬剤師、医薬品卸のMS(医薬品卸販売担当者)などについて、
医薬品業界にはたくさんの職種が存在し、同じ職種でも所属する施設で大きく仕事内容や待遇も異なります。
そこで、学生や転職志望者でもよくわかるように医薬品業界の各職種を比較しつつ、各職種のキャリアプランについても触れており、業界人にも役立つ内容です。

◆業界への知識がさらに深まる「学ぶ」「創る」「売る」「運ぶ」「選ぶ」「払う」の6カテゴリーで解説
医薬品業界というと、製薬企業の「創る」「売る」・薬局の「選ぶ」に関心が向きがちですが、仕事や就職活動で知識を活かすためには医薬品業界の全体像も理解していることが大切です。
本書では、医薬品業界で働く人々を「学ぶ」「創る」「売る」「運ぶ」「選ぶ」「払う」の6つのカテゴリーに分け、基本的な内容から少し踏み込んだ内容までを解説しています。
難解な専門用語を使用せず、医薬品の名称も最小限に抑えているので、どのページからでも興味を持って読めるようになっています。
この6つのカテゴリーを網羅しているのは本書にしかない特徴なので、まわりと差がつく知識・視点を得られます。