【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポートフォリオ:コロナ禍の今でも取るべき戦略オプションは?

Eversana社から新型コロナウイルスが自社ですでに有する販売品目の売上の減少リスクに対する影響とその影響に対してどのように対処するべきかを分析したホワイトペーパー(本文英語)が発表されました。

新型コロナウイルスの既存品への影響が、今後の新たな価値を生み出す投資縮小のリスクに

新型コロナウイルスの世界的なパンデミックが製薬業界に与えた影響を判断するには、時間と分析が必要です。しかしながら、自社ですでに販売しているインラインブランドの医薬品の売上に与える影響が非常に深刻であることは初期の段階で明らかになっています。

これらのインラインブランドの医薬品は、営業と営業プロモーションが営業に影響を与えること、そして歴史的にも製薬企業にとって安定的な収益を提供し、この収益源が製薬企業の新薬開発への投資につながっている。Eversanaの推定によるとこのような「経常的」なインラインブランド製品からの収益が新型コロナウイルス関連の影響により約314億ドルも失われると見ています。

では、このような大きな損失と今後の投資機会へのマイナスの影響を与える可能性の高い製品に関して製薬企業はどのような戦略をとることができるのでしょうか?

全世界で製薬企業に対してコンサルティングサービスを提供するEversanaのホワイトペーパーは希望の方に提供されています。今回、同ホワイトペーパーの要旨を日本語化して、ダウンロード希望の方に一緒にご提供しています。

無料ダウンロードとパスワード申請の登録はこちらから

登録後、パスワードを送信します。ダウンロードリンクと全文がご覧いただけます。

関連記事

  1. プラセボ対照二重盲検試験でフルボキサミンが外来COVID-19患者の悪化を予防

  2. Medicago社の植物から作る新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンPh1開始

  3. 【プロジェクトOrbis】レンビマ+キイトルーダの併用療法、3カ国同時承認を実現した米FDAの枠組みとは┃AnswersNews

  4. IFN-λ4を作れない人は新型コロナウイルスの受容体ACE2をより発現している

  5. 9歳以下の小児から家族にCOVID-19が移ることはより僅か~韓国での試験

  6. COVID-19入院患者への回復者血漿使用を米国FDAが許可

メルマガ無料配信中




  1. キイトルーダ、腎細胞がんの術後補助療法でライバルよりいち早く有…

    2021.04.10

  2. AstraZeneca COVID-19ワクチンと血栓症の関連を認めた身内の見解をE…

    2021.04.09

  3. Supernus社のADHD薬Qelbree(viloxazine)を米国FDAが承認

    2021.04.09

  4. 癌転移阻止治療を開発するVolastra社がマイクロソフトと提携~4400…

    2021.04.09

  5. AstraZeneca COVID-19ワクチンと血栓症の関連を認めた身内の見解をE…

    2021.04.09

  6. 田辺三菱製薬から得た高血圧薬のPh2試験資金4000万ドルをMineralys…

    2021.04.09

  7. AstraZeneca COVID-19ワクチンと血栓症の関連を認めた身内の見解をE…

    2021.04.09

  8. 第一三共が今後5年間の研究開発に136億ドルを投じる~3つのADC薬を…

    2021.04.09

  9. 田辺三菱製薬から得た高血圧薬のPh2試験資金4000万ドルをMineralys…

    2021.04.09

  10. 第一三共が今後5年間の研究開発に136億ドルを投じる~3つのADC薬を…

    2021.04.09

  1. キイトルーダ、腎細胞がんの術後補助療法でライバルよりいち早く有…

    2021.04.10

  2. コロナ禍が医学系学会開催に与えた影響は?-学会DB登録データより-

    2021.03.29

  3. 製薬企業におけるコンテンツマーケティングの考え方

    2021.03.24

  4. 2021年3月24日(水)開催 無料オンラインセミナー:KOL選定を定量…

    2021.03.04

  5. KOL(Key Opinion Leader)はどう選ぶ?KOLの判断基準&要素の出し方…

    2021.03.04