癌免疫治療薬の市場規模、2023年には801億1000万米ドルに到達見込み。一方で高額なコストが市場の成長を阻害

新型コロナの影響で減少傾向も、その後回復、801億ドルへ拡大

グローバルインフォメーションでは、提携しているThe Business Research Companyが発行のリサーチレポート「世界の癌免疫治療薬市場レポート(2020~2030年):COVID-19による影響の成長と変化」における最新の癌免疫治療薬の市場予測データを発表いたしました。

癌免疫治療薬市場は、2019年の596億4000万米ドルからCAGRマイナス3.86%で縮小し、2020年には573億4000万米ドルに減少すると予想されています。これは、COVID-19の発生により、ソーシャルディスタンスの確保、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖による封じ込め措置が実施され、運営上の課題が生じていることに起因しています。その後、市場はCAGR11.79%で回復し、2023年には801億1000万米ドルに達すると予想されています。….全文を読む

関連記事

  1. Concert社のNMDA受容体活性化剤のPh2試験で統合失調症への効果認められず

  2. VBL社の抗腫瘍アデノウイルス薬とOpdivoを大腸癌に併用するPh2試験開始

  3. ビタミンDを多くする遺伝配列とCOVID-19リスク低下は関連せず

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. 重度横隔膜ヘルニア胎児の気道閉塞治療が無作為化試験で有効~中等…

    2021.06.14

  2. Vor社の造血幹細胞技術で誂えた血液癌治療CAR-TをAbound Bioが共同…

    2021.06.14

  3. メトホルミンはマウスのSARS-CoV-2感染に伴う肺炎症を抑制する

    2021.06.14

  4. ビタミンD欠乏だとオピオイド依存になりやすく、紫外線がより恋しく…

    2021.06.14

  5. COVID-19 mRNAワクチン接種後の心筋炎/心膜炎が30歳以下の226人に発…

    2021.06.14

  6. 心房細動/人工心臓弁患者の術後のワーファリン中断中の低分子ヘパリ…

    2021.06.14

  7. ラッサウイルスワクチンの感染予防効果がサルへの接種1年後にも維持…

    2021.06.14

  8. プラセボ対照Ph3でSanofiの補体経路C1s阻害剤sutimlimabが寒冷凝集…

    2021.06.14

  9. IL11は肝臓を守らずむしろ傷める~その阻害はアセトアミノフェン肝…

    2021.06.14

  10. Incyte社のアトピー性皮膚炎治療塗り薬ruxolitinibクリームもFDA審…

    2021.06.14

  1. バーテックス社、α1アンチトリプシン欠損症におけるVX-864の開発を…

    2021.06.11

  2. 抗アミロイドβ抗体ADUHELM承認の余波。門戸が大きく広がるのか?

    2021.06.10

  3. FDA、アルツハイマー治療薬 としてAduhelm(アデュカヌマブ)を迅速…

    2021.06.08

  4. ASCO2021;バーチャル年次総会開幕。注目のプレゼンテーション5つを…

    2021.06.08

  5. ノバルティス社、Beovuの後期第3総臨床試験を中止。患者への安全性…

    2021.06.01